トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > 子どもが失敗したとき、親は何ができるのか…?

子どもが失敗したとき、親は何ができるのか…?

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

子どものためを思うからこそ叱る…どんな親だってそう考えて叱っているはずです。

しかし、叱ることの多くが効果をもたらさないばかりか、逆に子どもの成長意欲を奪ってしまうのはどうしてなのでしょうか。

一度や二度失敗したところで、命まで取られるわけではありません。
むしろ、人は失敗経験から多くを学ぶことができます。

子どもが失敗する様を、口を出さずに静かに見届ける。
それぐらいの余裕と覚悟を持つべきです。

大切なのは、失敗したときに落ち込んでしまわないように、次は勝てるようにサポートすることです。

どうすれば、次はうまくいくか?
勝つために何が必要か?

お子さんといっしょに真剣に考えてみて下さい。
お子さん自身が最良の解決策を見つけ出してくれるかもしれません。

また、親御さん自身が子育ての判断を誤ることもあると思います。

誤りを認めたくないがために、子どもを非難するようなことがあってはなりません。
もし誤りがあったのならば、それはお子さんに対して非を認めるべきです。

その上で、新たに出直せばよいだけかと。

叱るというのはひとつの選択肢ですが、叱るばかりが答えではないと思います。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ