トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > いよいよ時間が無くなってきました。年輩者から若者は「強く生きること」をたくさん学ぶべきです。

いよいよ時間が無くなってきました。年輩者から若者は「強く生きること」をたくさん学ぶべきです。

 

 

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

TBS系ドラマ「この世界の片隅に」だけは、欠かさず観ている村上です。

昨日の回では、ついに広島に原爆が落ちるシーンが来てしまいました(と言っても、雲がモクモク上にいくだけの描写でしたが…)。

法律改正や自衛隊の在り方など、政治家の判断によってめくるめく変わっていく時代なわけですが、被爆経験者が現代の若者世代にその体験を語れるのも、もう長くはありません。

これからの世代は、原爆が落ちたことは教科書でしか扱わなくなる時代を生きていくことになります。人から人へ伝わるという行為、身近に説得力を増す「語る」行為はどんどん消えていきます。

国家のメンツや体制が優先されて、人権など言えるような時代になかった時代を生きて、その中で一命をとりとめて生き抜いてきた方々から学べることは、つまらない子育て本を何冊も読むより圧倒的な価値があるはずです。

苦労して生き抜き、苦しい時代に次の時代を担う子どもたちをどう育ててきたか…苦労して育て上げたその次の世代が、日本の高度経済成長を支えて、日本という国で人間が幸せに生きていけるだけの社会を創り上げてきました。

そこに、現代が忘れてしまった「子どもを育てる」という本質もあるのではと、私は思います。他人の心の痛みを理解し、他者を思いやるという「心」を持った人間に育つ何かが。

そんなこんなしているうちに、核の脅威はさらに威力を増して、今ではアメリカ海軍が保有する核弾頭は、広島に落ちた原爆の7倍の破壊力を有すると言われています。

次の時代を生きる若者へ、平和に生きられることがどれだけ尊いことかも、私たち親世代が子どもたちに伝えていかなければなりませんね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ