トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > 「結果」を責めるのではなく「未来」に目を向けてみませんか?

「結果」を責めるのではなく「未来」に目を向けてみませんか?

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

勉強ができなかった子どもを見る親御さんは、複雑な感情を抱えているケースが多いです。

純粋に奮起してほしいという気持ちもあると思いますし、反抗的な態度へのいら立ちもあるかと思います。

場合によっては、諦めに近い感情も混じっていることもあるかもしれないですね。

ご自身で叱るつもりはなくても、ちょっとした一言にお子さんを叱責するニュアンスも混じってしまいがちです。

いずれにせよ、できなかった結果を見て叱ったり、罰を与えたりしたところで、子どもはますます勉強が嫌いになるだけです。

本当は、親は未来に目を向けて「どうすれば勉強ができるのか」を子どもといっしょに考えていく必要があるんです。

まずは、叱るのではなく、勇気づけをしてあげて下さい。
勇気づけとは、ただ子どもに愛情を注ぐことです。

勉強ではなく、お子さんの生活態度を評価してあげること、遊びと勉強の両立をサポートしてあげること、子どもの得意分野や長所を見つけてあげることなど…。

本当は勉強ができるはずだ!と信じてあげること。
親としてお子さんにしてあげることは、まさにこういったことではないでしょうか。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ