トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > あなたはご存知ですか?「嫌われる勇気」の真の解釈とは何かを。

あなたはご存知ですか?「嫌われる勇気」の真の解釈とは何かを。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

アドラー心理学でベストセラーとなった名著「嫌われる勇気」によって、日本国内でもアドラー心理学の認知が高まるようになりましたね。

「嫌われる勇気」というと、嫌われることを目指している、あるいは嫌われてひとりになるのを恐れない…と解釈されるかもしれませんが、それは誤解になりかねない理解です。

「社会の中で嫌われても、自分は社会の一員であるという自信を持とう」

というのがアドラーの真意です。

アドラーが生きたナチスのような時代であっても、間違ったことは勇気を持って間違っていると主張する。そういう形で、社会の一員として社会に貢献していくことができると言ったわけです。

人間というのは、自分の強みや自分らしさを発揮して社会に貢献することで、人生の意味を見つけ出せるようになります。

子育てに奮闘される中で、不安に駆られる親御さんも多いと思います。

でも、そこはご自身の強みをもって、社会に貢献できる子を育ててほしい…と私は思うところです。

ウチの塾は、アドラーほど立派なことを説くことなどできるわけありませんが、学力のみならず、己を高めることで周囲も幸せにしていけるチカラを兼ね備えた子に育つように、これからも研鑽していかなきゃなと改めて感じますね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ