トップ > 塾長日記一覧 > 塾業界のウラ話 > 千葉市の地域新聞「稲毛新聞」に塾長が取り上げられました!

千葉市の地域新聞「稲毛新聞」に塾長が取り上げられました!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

先日の「ニッポンの社長」での私のインタビュー掲載に続き、今度は地域のフリーペーパーである「稲毛新聞」9月号に“今月の人”というコーナーで私.村上が取り上げられました。

こうしてあちこちで取り上げてもらえるのは、大変光栄なことです。

この業界にいて長く思うのは、差別化すると言って、やっていることが全然差別化されていないという現状です。

「ウチは面倒見が良いんです!」

⇒ 20年前ならまだしも、今や大手塾も中小零細塾も同じこと言っています。そもそも面倒見が良いという基準が定まってないのに、何をもって面倒見が良いと言い切れるのか不思議です。

「ウチは真剣授業で勝負します!」

⇒ 逆に、真剣に授業しない塾とかあるんでしょうか?真剣に指導しないで授業料を取っているとか、あり得ないですよね。

「ウチは先生同士、生徒同士仲がいいんです!」

⇒ 塾は出会い系パーティー会場なんでしょうか?自分の将来を見据えて真剣に勉強する場所のはず。ですから、塾でみんなで仲良く勉強したい、先生に優しくされたいという甘い考えのお子さんからは、ウチの塾は死ぬほど嫌われて周辺に悪口をバンバン流されます。

全然構いません。その程度のお子さんに通って頂いても、結果など出せません。むしろ授業料を受け取っても結果が出してあげられなくて申し訳ないんで、来ない方がいいですね。

こうして長く塾をやっていると、なかなか思うようにいかないこともありますし、すべてのお子さんを救ってあげられるわけでもないのがツラいところです。

それでも、ウチの塾のやり方に共感・賛同してもらえる親御さんも多くいらっしゃるわけで、私たちは通ってくれるお子さんの将来設計のために、日々指導に精進するだけです。

稲毛新聞の掲載部分、興味のある方は下のURLをクリックしてもらえれば読めますのでどうぞ↓

http://www.chiba-shinbun.co.jp/1509_02.shtml#007

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ