哀しい別れや後ろめたい別れだけでなく、旅立ちの別れや未来への別れもある。

学習塾業界全体のスキームの問題というか、この業界はどうしても教務指導を大学生アルバイトの人材によって成り立っていると言っても過言ではありません。

教務スタッフを全員、正社員などで雇用した場合の人件費を月額数万円の授業料×人数で賄おうとしたら、とんでもない高額授業料にするか、集団指導で生徒の母集団を最大限にした上で実力ある教務スタッフ1人で回す…というビジネスモデルでないと経営的にもたないのが現状です。

特に個別指導塾に関しては、1:1や1:2の指導形態がメインのため、それを全員、正社員などの正規雇用スタッフで運営しようとしたら毎月授業料を10万クラスまで上げないと厳しいですね。

だからこそ、非常勤の大学生アルバイト講師が重宝され、とりわけ個別指導塾の業界では働くスタッフの90%以上が大学生アルバイトのはずです。

そして、大学生アルバイト中心で指導現場が回っている以上、必ずスタッフの入れ替わりが発生します。

例えば大手のフランチャイズ塾さんでアルバイトしていた大学生が、そのままその塾に就職するというケースもありますが、そのようなケースは少ないですね。

ですので、基本的には、大学生スタッフはどんなに長く1つの塾で教務スタッフとして働いてくれても、最大4~6年というのが大半。

コロナ禍になってからは、大学生も大学の授業や実習などの負担が増えたため、1年持たずに退職してしまうことも日常茶飯事です。以前のように1年すら勤務が続かないケースが増えました。

そのような業界を嘆く話というわけではなく、そこから派生する出来事が近年やたら多いので、その件について思うところを書こうかなと。

ウチの塾でも、大学生が就職活動で引退せざるを得なくなったり、教育実習やインターンシップで休職・退職せざるを得ないケースは多々あるわけです。

スタッフひとりひとり、みんなが自分の人生を真剣に考えて、夢や目標に向かっているから当然のことです。

ところが、塾生の中には

「〇〇先生がいなくなったから、塾に行きたくない」

「〇〇先生に教わりたかったのに(面倒見てもらいたかったのに)、もう来ないんなら塾辞める」
⇒そんな理由なら、むしろ辞めてもらって結構。

「〇〇先生と話をしたかったのに、〇〇先生を引き留められなかった塾が悪い。この塾、あり得ない」
⇒もはや議論する余地がない程、短絡的。

「〇〇先生にこれからもずっと教えてもらいたかったのに」

というセリフを平気でぶっ放す奴が最近出てきたのが、驚きですね。

要は、自分のメリットしか見ていない。
他人がどうなろうが知ったことではない、自分が良ければすべて良し。なぜなら、自分は客だから…みたいな。

このような者に対して、私からは

「なら、〇〇先生に就職活動を諦めさせて、ウチの塾に就職させろと?」

「〇〇先生の人生設計を潰させて、一生おまえの面倒を見るためだけに〇〇先生の人生を棒に振らせろと?」

「〇〇先生の人生を棒に振らせる以上、当然〇〇先生に対する人生の経済的補償をおまえがするんだろうな?」

と突きつけるわけですが、そこから先の反応は各自分かれて、黙り込む者、泣き出す者、逆ギレする者などに分類されてきます。

いずれにしても、自分のことだけしか考えていないのが浮き彫りになり、他人がどうなろうが知ったことではないという醜い人生観を露呈させることに。そこで気づける者は、まだまともなのかもしれません。視野が狭いというか、大局的に物事を見れない思考や生活環境に身を委ねているのかはさておき。

逆ギレする者に至っては、とにかく自分の短絡的思考を見直そうとしない。
周囲にお膳立てしてもらって当たり前、用意されて当たり前、好き放題を周囲から許容されて生きてきているから、他者への感受性も全くない。

自分がすべて、自分を中心に地球が回っている、主体性の意味を履き違えている…といった感じでしょうか。
自分は絶対に正しい、それが他人を犠牲にしてでも…という言い分は、聞いていて私も気分が悪くなります。たぶん、私だけではないかと…ほとんどの方がそうではないかなと。

私からこのような者に対して、強く言っておきたいのは、実は1つだけです。

「お世話になっている人の門出を、新しい人生の出発点を、なぜいっしょに歓んであげないの?」

です。
自分の欲望を満たすことを第一優先とし、自分の思い通りにいかないコトは駄々をこねて関係者の足を引っ張ろうとする。

いつかは、誰もが巣立っていく。次のステージに進みます。
それは、塾生も大学生スタッフもみんな同じことです。

哀しい別れや後ろめたい別れだけでなく、旅立ちの別れや未来への別れもあるのだということ。
そのような人生の門出を祝ってあげる、喜んであげる、共感してあげることすらできないような度量の狭すぎる人間性は、いずれ周囲から幻滅されるだけです。

自分さえ良ければ他人がどうなっても…ではなく、どんな環境の変化になっても耐えられる、変化する環境に適応できる人生観を身につけていくこと

世の中を切り拓いて生きていく、幸福感を手にする人生であるためには、強く生きること以上に、変化を受け入れて生きることができるかどうか

いつまでも、どうにもならないことにしがみつくのではなく、その現実を受け止めつつも、これを機に自分も次のステージに進まなきゃ!自分のチカラでどうにかしていくんだ!くらいのマインドがこれから先の変動激しい時代を生き抜くには必要だと思うところです。

時代は常に動き、変わり続ける…諸行無常の意を受け入れることで、そこからまた新しい人生が見えてくるのではないのかなと。。。

—————

西船橋工房での塾生募集について、小4~中2、高1生で募集再開と致します。

現在、小学1~5年生対象にて、中学校入学後にトップクラスを奪取しにかかる、他では決してマネできない、唯一無二の「スーパー飛び級」(スーパーキッズプロジェクト)秋の大体験学習会を受付開始しております!

>葛飾中学年1位&各中学校で学年1ケタ順位を輩出!スーパーキッズ秋の大体験学習会の詳細はこちら

すでにたくさんのお問い合わせを頂戴しております。
「最新・更新」ページにアップ致しますので、早めにご確認下さい!

—————

また、冬期講座’2021『小学生のスタートアップ先取り講座 & 中学生のリ・スタート再生講座’2021 のご案内』(現.小1~中2生 対象)も特設サイトにアップしております。

早期申し込みのご家庭には、スペシャルプレゼントとなる特典をご用意しております!
残席数は多くないため、席は早く埋まってしまいます。冬期講座をご検討の家庭は、申し込みをお急ぎ下さい!

詳細はこちらをクリック↓

—————

登熟は、学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。

満席になりましたら、いつも入塾をお断りさせてもらっております。
その際は入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

西船橋工房から徒歩10分のAQURAS 2ndブランド塾「自分史上最高の自分を創る学習塾PRECIOUS」も残席はあと5席です。こちらのサービス提供内容もAQURASと同様ですので、今すぐにAQURASに入塾させたいご家庭はお急ぎ下さい!

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。

 

〇学力再生工房AQURASのホームページは【こちら】
西船橋工房(JR西船橋駅北口より徒歩4分)
稲毛駅前工房(JR稲毛駅東口より徒歩3分)

〇自分史上最高の自分を創る学習塾PRECIOUSのホームページは【こちら】
(市川市二俣1丁目/京葉道路 原木I.C近く/産業道路沿い)

※入塾のご相談やお問い合わせは、当塾ホームページ下段のお問い合わせフォームより
TEL:047-401-2396(月曜~金曜 17:30~21:00)

AQURAS & PRECIOUS のTwitterは【こちら】
AQURAS & PRECIOUS のInstagramは【こちら】



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ