トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 夏休みの宿題を、夏休み最後までやらない子の「残念な」特徴。

夏休みの宿題を、夏休み最後までやらない子の「残念な」特徴。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

学校の夏休みの宿題、ウチの塾生のほとんどが予定通り7月中にて完遂させそうです。

入塾面談でよく話すことなんですが、毎年毎年夏休みの宿題を8月末まで手をつけることなく、最後になって仕方なく片づけている子は、中学生だとほとんど5科350点以下の子に集中しています。要は、中堅クラス以下ということです。

小学生も同様に、夏休みの最後まで宿題に手をつけることなく最後になって慌ててやる子ほど、成績下位層に集中しています。中学生も同様ですが。

理由は簡単、計画性がない人生を送っているからです。
勢いだけの、行き当たりばったり型ライフスタイル?とでも命名できるぐらい(笑)

今が楽しければいい!宿題なんて後からどーにでもなる!とか、将来設計を立てることなく勢いに任せる子は、基本的に「自分で考える」という行動を身につけていないため、困ったときには自力でどうにかするのではなく、どうにか他人の手を使って…という見苦しい発想へと辿り着きます。

なので、ウチの塾のH.Pにも書かせてもらっていますが、偏差値が下がれば下がる学校ほど「欲望に忠実な子で埋め尽くされる」という世界が待っているわけです。

己を律して、己を高めるという行動は皆無です。
もちろん、スポーツの強豪校は話が別として(勉強面はともかく)。

宿題の片づけ方ひとつで、そのお子さんがどんなお子さんなのか全部見えてしまいます。学力も、人間性も、思考能力も、実務能力まですべて。皮肉な話です。

そういう点で、ウチの塾はお子さんの『体質改善』から徹底させるため、最終的には自立と自律を果たし、どこに出しても恥ずかしくない若者に育っていくのがうれしいです。

夏休みの宿題が7月中に終われば、9月の夏休み明けにすぐ実施される期末テストの対策を8月の最初からじっくり取り組むことができますしね。周りのお子さんが9月になって「テストだテストだ」でバタバタしているときに、余裕を持って最後の仕上げに臨めるわけです。

あなたのお子さんは、夏休みの宿題ちゃんと早めに片づけていますか?

ウチの塾だと、あなたのお子さんを計画性のある若者へと育てていきますよ(笑)

>1円もムダにしない夏期講習’2018 のお申し込みは、こちらから

↑夏期講習の受付は、まだしています。申し込みをされると、7,000円分相当のスペシャルプレゼントの講座を用意しております。気になる方は、早めにお申し込み下さいね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ