トップ > 塾長日記一覧 > イベントのご案内 > 【一般生も可】コロナショックのための学習支援「時間無制限のオンライン自習室」を開設します。

【一般生も可】コロナショックのための学習支援「時間無制限のオンライン自習室」を開設します。

緊急事態宣言が発令されてから学習塾も営業自粛業種に該当しているわけですが「床面積100㎡以下の小規模塾は感染防止策を施したうえでの営業」と定義されているのを大義名分に、これまで通り塾を開け続けている塾さんに少しずつ変化が出てきましたね。チラホラ休校になる塾が唐突に出始めました(もちろん、変わらず営業してるとこもありますが)。

そもそも営業自粛要請が出た時点で、もうアウトです。
床面積100㎡とか云々を盾にとって正当化の営業をしている時点で、本質を理解されている親御さんからは簡単に「子どもの安全を最優先に考えてないんだ」と見破られて愛想を尽かされます。

学校が一斉休校になってしまったそのときは、子どもを預ける場所がないために塾に「教室を開けていてくれてありがとうございます」と親御さんからはその時点で言われます。しかし、コロナウィルスの感染がどんどん拡大して止まるところを知らないこのような状況が深刻化していくにつれ、親御さんの心情は変わっていくのは想像に難くなく「どうしてここの塾は開け続けているのか?子どもを危険に晒したいのか?守る気がないのか?」というセリフを激しく訴えられることなど分かりきっているわけです。

案の定、知り合いの塾からそのまんまの話を聞かされました。親御さんの言葉が日に日に激しく変わっていくのを感じ、塾を閉める決断をした…談。少し遅いですが、よく決断されたなと思います。やはり、お子さんの安心安全あっての通塾ですからね。それでも開け続ける塾・予備校は、お子さんの安心安全以前に、もっともらしい綺麗事を並べてはいるものの、結局は塾ファーストの経営であるということです。

先日、私が兄貴分として慕っている?実力派の先輩塾長とお互いの塾の状況を話していましたが、Zoomでのリモート授業以外に、時間無制限で利用できるオンライン自習室を2塾合同で立ち上げようかという話となり、すでに準備を進めております。お互いの塾の塾生さんが同じ画面で一斉に勉強に励む姿を眺めながら、自分だけがツラい思いをしてるんじゃないんだ、自分も頑張らなきゃ…と思ってもらえるような学習環境を提供できるだけでも、お子さんの学習意欲を高める気づきを誘発させられますので、早い段階で具現化したいと思います。

尚、全国各地の「塾に通いたいけど、どこも閉まってて通えない」「通信教材とかオンライン教材をとってるけど、全然はかどらない」というお子さんにも、門戸を拡げます。小学生~中学生が対象の学習支援となります。

参加費用すか…?
とりまへん。ご安心なされ。オンライン自習室だけの利用であれば。

困ったときはみんなで助け合うの社会貢献的な、義憤に駆られて立ち上がるだけのこと。
詳細は近日中に「最新・更新」ページに挙げる予定です。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ