トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 「Zoom?リモート?そんな心のない指導など意味がない!教室での対面で指導してこその塾だろう!」という信念もあっていいとは思います。賛同するかどうか別として。

「Zoom?リモート?そんな心のない指導など意味がない!教室での対面で指導してこその塾だろう!」という信念もあっていいとは思います。賛同するかどうか別として。

千葉県統一テストの結果表が却ってきましたが、ある意味、予想通りの結果となっています。

休校期間でもきっちり学業に取り組んでいた者と、口先ではやっていると授業の際に教務スタッフに豪語して実は大して真剣に取り組んでいなかった者との差が、ものすごく出ています。

サボろうと思えばいくらでもサボれる状況に日本国内どこでもなってしまいましたからね。恐らくは国内どこの塾さんでも似たような惨状になっていると思われます。緊急事態宣言の発令から準備する時間も前例もなかったが故に、上位と下位の格差が一層ついたのではないでしょうか。

そして、予想通りと言えばそれまでですが、在宅受験での対応しか採れなかったことで、明らかに不正行為をしたと思われる者も数名発生。本来であれば取れるはずのないスコアを叩き出して、誰が見ても違和感しかない結果を、どうやって親御さんや本人に説明すればいいか思案しています。

とはいえ、そのような不正行為に手を染めたであろう塾生よりも、真面目に在宅受験に取り組んだ塾生が大半でしたし、何といっても、この休校期間中でもきっちりハイスコアを維持する者、少しといえど偏差値を上げてきた者など、頑張った塾生が大半であったことに、私たちも救われているといったところでしょうか。

今月末で千葉も緊急事態宣言解除になりそうな気配ですが、この2ヶ月間で色々な塾長先生の価値観や信念が垣間見えた期間でもありました。

私の周辺だけかどうかは分かりませんが、年配の塾長先生になればなるほど

「オンラインでの授業など、真の教育ではない」
「Zoom?リモート?そんな心のこもっていない指導など意味がない!教室での対面で指導してこその我々塾だろう!」
「この国の教育は産業化してしまい意義を失ってしまった。このような時代を変えていく若者を育てるのにオンラインなどフザけているのか?」

などなどのご意見が多かったのが、ある意味、印象的です。
精神論や根性論、一昔前の崇高とされた信念を令和の今説くのも決して悪いことではないと思います。

上記のような理由からコロナに感染するようなヤツが悪いという根性論で教室をいつも通り開けていることに関しては、私は賛同はしませんが。

逆に若手の塾長先生になればなるほど、リモート系を上手く使いこなし、時代や保護者のニーズを捉えて教育の流れを創り出そうとしている感じです。どちらかと言えば、私もこちらの方向性に近いです。

とはいえ、中には「教室の床面積100㎡以下だから、当塾は自粛しません。(特に対策も取らずに)これまで通り通常授業を行います」と開き直って拝金主義全開でやっている塾など、子どもの安心・安全を第一にという考えから圧倒的にかけ離れていたりなど、様々な人間模様を見せつけられた2ヶ月間でもありました。

人間というのは、危機やピンチのときにこそ、本性が見えてくるものです。

今回のコロナ禍の影響で、身近な人の真の姿を知ってしまった方も多いのではないでしょうか。それによる、今後の人との付き合い方なども。

先ほどの不正行為が疑われる塾生の件に話を戻すのであれば、結果を突き付けて本人を責めて責めて…といった対応では、本人が矯正することはありません。いかに本人に意識改革を促して、自ら変われるように仕向けていくか、そこが問われるのです。

上記のような世代間の塾長先生の見解の相違も、ある意味で「価値観の闘争」です。ですが、そのような価値観の相違が激突して、徹底的な議論や改良が成されて、みんなにとって良いモノができあがっていく…それが民主主義の良さでもあります。

私も賛同しかねるような見解や方向性の塾長先生や塾関係者の方もいらっしゃいますが、諸行無常のワード通り、常に移り変わっていく時代背景の中で「変えていくもの」「変えてはならない、守り続けていくもの」をしっかり精査して、これからの時代を強く賢く生き抜く人材に育てていきたいものですね。

———————
船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市にお住いの小3~中3生をお持ちのご家庭へ

「いつでも会いに行けるアイドル」ではなく『いつでも通おうと思えば通える地元密着型オンライン塾』始めています。
受講を希望されるご家庭はこちらのバナーをクリック↓



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ