トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 「学歴なんて関係ない」の真実!生涯賃金、これだけ違うのかよ…。

「学歴なんて関係ない」の真実!生涯賃金、これだけ違うのかよ…。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

日本経済新聞に生涯年収に関するおもしろい記事があったので、今日はその内容について思うところを。

紹介されていたのは、男性だけに関する話です。
女性の話は、今日は一切出てこないので、ご了承を(笑)

記事に目を通していくと、高卒と大卒の生涯賃金の差はなんと8,000万円……(キャー)。

これはあくまでも平均なので、大学院修了や旧帝大の国立大、私立だと早稲田・慶応あたりまで達すると、さらに生涯賃金が上がるというね…。

注視しなければならないのは、この生涯年収8,000万円の差額の中に、なんとなんと退職金が入っていること、そして、退職後の年金や働いた賃金が入っていることです。

もちろん、世にいう巨大企業:大手と呼ばれる企業、上場企業などは、厚生年金なども充実しているので、退職後もさらに多くのお金が手に入ります。

そこまで加味すると、相当多くの賃金格差が発生するということですよね。

学歴がすべてでないことは私も普段から謳っていますが、それにしても、やはり8,000万円のケタ違いな差は大きいです。

また、大卒でも卒業した大学によって、大きな差が出ることは想像に難くありません。だから都市部では受験熱がまったく冷めずに、お受験や中学受験が相変わらず激しいわけで。

これから上位の大学も中堅大学も、地方創生の名のもと、助成金が欲しくてたまらない大学の意図によって、どんどん合格者が削られていきます。なので、中学受験や高校受験で有名大学の付属校に人気が集中するのも分からなくはありませんが、あまり私はそこには参戦したくないですね…(笑)

私はフツーに公立小⇒公立中⇒公立高⇒国立大で、完全な実力勝負だけで生きてきた者なので…とはいえ、親御さんからそういう要望があれば、もちろんそれも手段のひとつなので、迷わず塾生に手を貸していきますけどね(笑)

ちなみに、一般の四年制大学と東大・早慶との生涯賃金の差は、1億から1億8,000万円だそうです。

この事実をどう受け止めるのか、それは読者の皆さんのご判断にお任せしますね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ