トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 学年のほとんどの子がテスト惨敗の中、AQURAS生は全員きっちり上がりました!そのワケとは…?

学年のほとんどの子がテスト惨敗の中、AQURAS生は全員きっちり上がりました!そのワケとは…?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから、塾を探している親御さんにスペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

千葉県公立高の前期選抜が昨日で終わりましたが、他の学年もちょうど学年末テストの時期が被り、工房はてんてこ舞いでした。

 

特に西船橋工房の最寄りの中学はいつも悪問だらけのテストで、学力のある子ですら苦しむ学校です。今回も例外なく、中2生は厳しいテストになったようです。

 

学年のほとんどの生徒が前回をガクンと下回り、うなだれている子ばかりになったみたいです。これでは、どこに塾に通っていようが、もはや関係なくなってしまいますね。

 

ただでさえ厳しい中学の、厳しい学年末テストでしたが、皮肉にも、西船橋のウチの塾生たちは全員きっちり前回越えしてアップしてくれました!

 

クラスのほぼ全員が暴落している中で、5科で平均20~70点アップしてきましたね。

定期テストで点を取らせることが目的の塾ではないくせに…です(笑)

 

点数を取らせることに躍起になっている塾さんが大半の中で、ウチみたいなチンケな零細の点数目的じゃない塾が点数を取らせてしまって、点数取らせる目的の塾さんに対して、本当に申し訳ない(笑)

 

点数が取れなかった子の敗因?勉強量が足りないから?

根本となる原因は、そこではありません。

 

それは、言われたことしかできない子に育ててしまっているからです。

自分で何をすべきか考えることができない。なので、自制も利かないんですよ。

 

ウチの塾生は「自己管理」を徹底して塾生に促しているため、自分で何をすればいいのかを理解できている子が多いので、塾の先生に言われたことしかできない子というのはあまりいないんです。

 

ウチの塾では、テストまでの期間をかなり早い段階で逆算し、いつまでに何をすべきなのか、どれぐらいの進度やペースで進めばすべて理解に漕ぎ着けられるのか、どのレベルを制覇すれば学校のテストのレベルを超えて高得点が取れるのか…全部13歳14歳の子が自分で試行錯誤して実践しているんです。

 

なので、塾の先生が学習内容やテストを用意して当たり前、カスタマイズしてもらって当たり前、全部尽くしてもらって当たり前の子が、ウチの塾生に勝てるわけないんです。

 

そういった子を、大手の塾さん用語で「お客さん」と呼ぶんです(笑)

 

塾はサービス業ですが、塾生は「お客さん」で終わってはダメなんですよ。

「お客さん」で終わってしまえば、それこそ塾の思うツボ。お金をボンボン巻き上げられて終わってしまいます(特に個別指導の場合は。提案営業ですから)。

 

言われたことしかできない子にならないために、徹底して考えるクセをつけさせる。

お客さんで終わらず、徹底して「自己管理」ができる子に育てていく。

 

この2つを可能にするには、やはりマインドセット(心を育てる)が不可欠です。

「心」を書き換え、精神的に「強い」子に育てていく…おかげでウチの塾生は、着々と実力を伸ばしています。

 

誘惑に負けず、己を自制できる、自己管理のできる「強さ」をもった子へと成長していきます。そうすれば、勝手に結果もついてきます。

 

用意されて当たり前の子を「温室栽培のトマト」と考えるなら、ウチの塾生たちは正真正銘「真冬の寒さに強く耐え抜いたじゃがいも」になっていきます。

 

目先のテストの点数を取らせることよりも、長い人生を考えたとき、どちらがお子さんをハイスペックな生き方をさせてあげられるのか…それは言うまでもないと思います。

 

最近また色々な口コミを聞く機会が増えました。

AQURASは評判が悪いから、止めたほうがいい…というお子さんたちの声です(笑)

 

その理由を聞くと「塾長が怖いからヤだ」「塾長に怒られるからヤだ」「きっちり勉強させられるからヤだ」「塾代やってこないと居場所がなくなるからヤだ」などなど…。何しに塾に来るんでしょうか?

 

聞いていると、成績が良くない、下位層の子たちにそんな声が多いようです。

自分に甘く、周りに甘やかされることが当たり前になっているからでしょう。

 

言うまでもないことですが…塾は、遊ぶところではありません。

ちなみに、私も叱ることはありますが、理不尽に塾生を叱ったことなんて過去1度もありません。勝手に口コミ内容が飛躍して悪く変えられてしまってますね(笑)

 

そういった勘違いをしているお子さんたちからいくら悪口を言われようと、痛くもかゆくもありません。ぜひ甘やかしてくれる塾を選べばいい。結果は出ないでしょうけど

 

塾は、どんどんエンターテイメント産業になってしまいました。

優しくされて当たり前、楽しくて当たり前…そういったのを正当化する子たちが、これから大人になって直面する社会の困難や理不尽な現実を直視できると到底思えません。

 

そう考えると、AQURASという塾は「寺子屋」なんだと思います。

そして、寺子屋でウチは十分。だって、己を良い方向に変えるために、切磋琢磨するための学び舎であると思うので。

 

真剣に頑張れない「お客さん」で終わる子たちに、ウチの塾は存在するわけではありません。そして、本気で良くしたいと頑張る子たちが地元だけでなく、県内あちこちから電車に乗って通ってくれています。

 

最近は、私立小や私立中に通っているお子さんの入塾が増えてきました。しかも電車通塾や車の送り迎えに1時間近くかけて…。教育に熱心だからでしょうか、頭が下がります。

 

周りにどう言われようとどこ吹く風で、AQURASは「どこに出しても恥ずかしくない」「強く」「賢い」子に育てるという方針を一切変える気はありません。

 

人材の「質」の低下は、社会の活力低下と生産性低下を招き、日本を崩壊させます。

学力的にはもちろん、精神的にも強く、賢く世の中を渡っていける子を育てる指導に、これからもウチの塾は精一杯取り組んでいこうと思います。

 

そういえばですが、3月開講「高校受験の英文がスラスラ読めちゃう、中学校3年間分の英単語・不規則動詞を、たった1ヶ月で完全制覇しちゃう奇跡の速習講座」(最新・更新ページのトップに記載)はまだ人数枠が空いていますよ!

 

昨年もたくさんの小学6年生~中学2年生がこの講座を受講し、英検3級(中学修了程度)合格レベルのボキャブラリーを身につけました。みんな凄まじい速さで一気にできるようになりましたね。

 

たぶん、受講しない方が大きな損ですよ。

これ以上は営業しませんが…。

 

しかもスペシャル特典で、13日までの申込で受講料18,000円が半額の9,000円でしたが、今回はブログ読者の皆さんに特別なお知らせとして、17日(土)までの申込を半額扱いとさせてもらいます。申込は【こちら】のページの2月3日のお知らせをご覧下さいね。

 

そうそう、稲毛エリアに今月下旬に発行予定の、ちいき新聞さんから受けた取材記事が載るので、稲毛の方はぜひご覧下さいね。親御さん向けの子育てセミナーを3月3日(土)に稲毛スポーツセンター工房で開催しますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ