トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 飛躍的に学力を伸ばす子に共通している要素とは何か?

飛躍的に学力を伸ばす子に共通している要素とは何か?

英検の結果が出ました。
前回同様に飛び級チャレンジする塾生が多いので結果はそれぞれですが、今回も大半が飛び級での合格を決めてきてくれました。

過去問演習においては、ウチはライザップのように演習のスコアをすべて進捗管理して、一切サボらせずに徹底的に取り組ませたので、完全に放任して勘違いを起こす受験者が出なかったのが良かったです。

不合格になった子も、あと少しでイケたのに…という者ばかりで、ここで腐らずに次回で必ず合格をもぎ取る覚悟で神庭ってくれたらいいなと思います。

ここ最近は入塾面談も落ち着いており、今は学年末の定期テストと受験生の入試本番に向けて指導に邁進できています。当然、とりにくいテストですので、相応の準備が必要になるわけで。

大半の塾生が前向きに取り組んでいる反面、やはり一部が逃げて逃げて逃げまくっている思考なので、どう気づかせるのか、私もあれこれ試行錯誤の繰り返しですね。

昨年は西船橋の塾生たちが各中学校で上位までどんどん駆け上がっていく姿をたくさん見てきたわけですが、稲毛の塾生も負けず劣らず上昇曲線を描いています。

西船橋も稲毛も比較的多いのは、集団指導塾さんからの転塾が多いですね、ここ最近は。以前は個別指導塾さんからの転塾が多かったのですが…。

「とりあえず塾に行かせてみよう」「無料がたくさんついて授業料も安いから」「友だちが行ってるから」「とりあえず有名だったから」などなどの塾選びで痛い目に遭った理由を、入塾面談で私に話してくれる方が多いです。

結局のところ、どこに行っても自分が頑張るしかないというのが現実であり、先生にどうにかしてもらおうと考えている時点ですでにアウトだということに気づけないのが痛い。

ウチは最初からそうした他力本願的な思考を排除しているので、そういった甘い感覚で来た子は泣きを見ることになります。

そのかわり、覚悟を決めて本気で、真剣に立ち向かう者はやはり強いですね。
ウチの塾はそういった子をひとりでも多く世に輩出していけたらいいなと思います。

ということで「最新・更新」ページに、新年度新学年新学期の塾生募集の先行受付開始のご案内をしております。

現在、西船橋工房は満席状態ですが、春からは受験生も抜けるので多少の定員充足となるかと思います。

今回のキャンペーンは算数・数学が苦手な子を持つ親御さんにうってつけの特別講座となりますので、この機会にぜひAQURASを試してみて下さいね。

あなたのお子さんの「さらなる飛躍」にもなりますし、「これまでの状況からの再生」にもなり得るオススメの機会ですよ。

>お子さんの自信を復活させる「算数 or 数学再生道場」「中学準備講座4日間」はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ