トップ > 塾長日記一覧 > 親御さんへのアドバイス > 「甘えさせる」のは〇、「甘やかす」のは×

「甘えさせる」のは〇、「甘やかす」のは×

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「甘えさせる」のと「甘やかす」のは違います。

「甘やかす」とは、例えば自分で幼稚園に行く支度ができるのに、親が先回りして準備してしまったり、おもちゃなど欲しがるものをどんどん買い与えたりすることです。

物を欲しがるのは、物ではなく親の愛情が欲しいからだったりします。物を与えられることが愛されていることと勘違いすると際限なく物が欲しくなり、また、心の底から満たされることはありません。

子どもが転んだときも「大丈夫」と声を掛け、親が抱き起こすことを子どもが望んでいるかどうか、考えてみてもいいでしょう。

子どもが望んでいないことを、親が先回りしてやってしまうことは、子どものためにはなりません。

とはいえ、子どもも時々何となく、そばにいてほしい、抱きしめてほしいと思うことがあるようです。
子どもが甘えてくるというのは「愛情」というガソリン、エネルギーが欲しいと感じているということ。

ですから、甘えてきたときには、甘えさせてあげることも大切です。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ