トップ > 塾長日記一覧 > 親御さんへのアドバイス > 「明るく笑える失敗談」を話しましょう!

「明るく笑える失敗談」を話しましょう!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

思春期になると、子どもは親の話を素直には聞かなくなるものです。

親として伝えておきたいことはたくさんあるでしょうが、親の真面目な話は、子どもには単なる説教として受け取られてしまって、耳に入らないこともよくあります。

では、どうすれば良いかと言うと、「人の不幸は蜜の味」という言葉もあるように、「失敗談を話す」ことをおススメします。

しかも、それが明るくて笑えるものなら、尚更良いでしょう。

私たち大人は、真面目なことを伝える際には、真面目に話をしてしまいがちです。教訓めいた経験談だったり、仮に失敗談を話すにしても、笑えない痛い話だったり。

子どもにしてみると、そういった話には飽き飽きしています。
学校でも家でも聞かされるため、「また説教か」とか「ほら始まった」と耳をふさいでしまうのです。

しかし、笑える失敗談なら話は違います。

「それから?それから?」と興味を持って聞いてくれるのです。

正論だけでは、子どもの心はつかめません。
笑いは会話の潤滑油。明るく笑えるだけでも十分です。

こちらが意図しなかった教訓を子どもが自分で見つけることもありますし、失敗談を聞いた子どもが勝手に何かに気づくこともあります。

そもそも、伝えたいメッセージをムリに加えると、説教くさくなって逆効果です。

いずれにしても、明るく笑える失敗談は、いざというときの子どもとの会話に活かせると思いますよ。
普段から色々とそういった話をストックしておくと、何かと便利でしょうね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ