トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > お子さんを「大人扱い」してあげましょう。

お子さんを「大人扱い」してあげましょう。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「勉強しなさい!」とか「宿題やったの!?」とお子さんにぶっ放すのは論外だということは、ここまで私もブログにて延々と書いてきました。

 

 

ここからは、お子さん自身が自分でやらなければならないことは何なのかを考えさせるようにしましょう。お父さんお母さんから指示をもらっているうちは、なかなか自分のこととして受け止められないでしょう。

 

 

ですので、「もう4年生になったから、できるよね?」とか「もう子どもじゃないから分かるでしょ?」といった、お子さんに誇りを持たせるような言葉がけをしてみて下さい。

 

 

「学校から帰ってきたら雨が降ってきたから、洗濯物を入れておいたよ!」などとお子さんが言ってきたら、たとえ洗濯物がしわくちゃになっていても、惜しみなく褒めてあげて下さい。

 

 

「荷物を持ってくれてありがとう」「お皿を洗ってくれてありがとう」と、自発性を大切にする言葉を与えていくことで、子どもは大人の指示に従って間違いのないようにできることより、自分で状況を判断して、それに適した行動をとれるようになります。

 

 

役に立つ一人前の人間であるということを自覚させ、自信をつけて自尊心を育んでいくことこそ、子どもの頃に完成させておくべき重要な課題であることを、お父さんお母さんが知っていることが何よりも大切です。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ