トップ > 塾長日記一覧 > AQURASという塾の在り方 > 自分の待遇は自分で勝ち取らせる…それがAQURASのやり方です。

自分の待遇は自分で勝ち取らせる…それがAQURASのやり方です。


昨日は、かつて高校受験英語の専門だった、すでに指導を引退した私が珍しく中学生たちに英語を指導しました。私の授業・指導はかなり荒々しいので、受講した塾生たちも怯えながらも食い下がって何とか正解したいという思いを感じましたが、そこは容赦なしで。

お子さんを迎えに来られた親御さんにもお伝えしましたが、私は「お客さん」を求めているのではなく、自らの可能性をこじ開けるためにもがく「修行僧」や「戦士」「闘士」を応援します。

もがいていく中で己の中に答えが見えてきたとき、一気に視界が開けて、大きな成果が見えてきます。それを塾生自身が己で気づけるかどうか。私はそこを見ているんです。他人から教わった答えなど5分で忘れますが、己で気づいた答えは一生忘れないものです。

なので、授業料払ってるんだから~とか、先生に用意してもらわないと~とか、先生に教えてもらって当たり前~などといった考えや雰囲気を醸し出している者には、ウチは相当厳しい対応をとります。退塾してもらう選択肢も十分あります。

子どもがお客さん気分で塾に来る…要するに、周囲の大人がそこまで甘やかしてきたということです。お子さんを依存型の指示待ち族にしてしまったのは、紛れもなく周りの環境であり、身近な大人たちです。そこに一度でも浸かってしまうと、お子さんは自分からぬるま湯から這い上がってくるのは難しく、大体は最後甘えて終わり…消えていかれます。

なので、ウチは普段は自己管理を徹底させる指導方針を採っていますが、そういったぬるま湯に浸かっているヤツ、成績下位層でボケーっとしてるヤツには、荒療治的なやり方で男女関係なく一蹴します。

そもそも、そんな村上のコワモテ指導を受けたくなければ、普段の授業の小テストでしっかり合格点を取る、定期テストで自分が決めた目標を到達させる(過度なものは除き)などの、当たり前のことを当たり前にやっていれば、まず村上の極限指導に突き出されなくて済むわけです。それができてないから、こういう目に遭う。そして怯えあがって被害者ヅラ…甘えてんじゃねーよ!で一喝しておしまいです。

自分の待遇は自分で勝ち取らせる…それがAQURASのやり方です。

自堕落な生き方してたり、いつまでも点数が取れなかったりしてれば、周囲からも冷たい視線を浴びる。逆に己に負けずに誘惑に打ち克ち、結果を出すようになれば、みんな応援してくれる。プロ野球やサッカー同様、上のレベルに行けばそれだけの待遇が用意され、下にいる限り良い環境とは言えないところで這いつくばるしかない。

ひどいと思いますか?
これがひどいと思う親御さんは、お子さんに迎合しているか、甘やかしている証拠です。

社会に出れば、当然の光景です。
年功序列なんて昭和の産物は崩壊し、実力主義の社会なんですから。

そこで力強く生きられる子でなければ、将来的な経済力も悲観するしかありません。
賢く、強く、育てなきゃいけないんです。

お子さんの学力というのは、学習量以前に「心」の鍛錬と成熟度で決まります。

心が整えられていなければ、学習量も増やそうとお子さん自身が思いもしないからです。だからこそ、壱にも弐にもマインドセットをウチの塾は優先するんです。

親御さんもS.O.Sを求めていらっしゃるのは分かります。わが子を何とか良くしたい…そのお気持ちは痛いほど察します。

であれば、親も「本気」で覚悟決めて、お子さんを獅子の如く千尋の谷に突き落とす腹づもりでウチの塾に預けて下さい。

大手と呼ばれるほとんどの塾さんには、相当数の「お客さん」が存在します。成績など上がらなくていいので、黙って授業料を落としてくれればそれでいい…そういう考えのもと、退塾を切り出すと、全力で止めにかかる、退塾阻止しにかかるわけです。もっともらしい理由をつけて。

塾によっては、集団授業部門の下位クラスにいるお子さんを、個別指導部門に転籍させて、さらに単価を上げて授業料を取る…という離れ業の「お客さん」扱いをする塾も増えてきました。船橋駅前にも西船橋や本八幡にもあります、あの大手進学塾さん(2つありますが)ですね。

残念ながらウチの塾は「お客さん」扱いなど一切しないので、自分に甘い子は去っていく宿命にありますが、それで良いと思っています。AQURASは己を磨いて高めていく塾ですから。

ただ、厳しいと思われるその根底には、預かる以上お子さんを大切に思い、これからの不安定な時代の中でも、賢く、力強く、生きていけるだけの人間力を高めさせたいという私たちの想いがあります。

そこに気づいて、理解してもらえるご家庭に、ウチの塾にお越し下さればと思っています。だから、すべてのご家庭を無条件で受け入れることはしていないんです。

さて、自己管理から結果に直結させる冬期講習’2018は受付を開始しました。
11月中のお申込みであれば、12月の通常授業から特別にタダで参加できる大きな特典付です。

お子さんをいち早く目覚めさせたいご家庭は、お申込みをお急ぎ下さいね。

>“自己管理” から結果に直結させる冬期講習’2018 はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ