トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 日本というこれだけのチャンスのある国で、ただ日々の時間を浪費して死に近づいているは勿体ない。

日本というこれだけのチャンスのある国で、ただ日々の時間を浪費して死に近づいているは勿体ない。

毎年であればこの時期に前期の中間テストがあるとか、1学期の期末テストがあるとかなどなど、おおよその時期ごとのイベントがどの学校も大きくズレ込むことはないのですが、今年に関しては自治体どころか学校間で対応がバラバラ、テストの時期もバラバラで、定期テスト対策の学習計画や勉強量に相当な差が出ています。

夏休み前まで定期テストをやることなく、1学期の通知表をどうつけるのか皆目見当もつかない学校まであり、どこの塾も対応に苦慮されているのではないかと思われます。

とはいえ、ウチの塾生を見ていると、きちっとやってきた者は成果を挙げており、いかに休校期間に己を律して取り組んできたかがよく分かります。逆に結果がボロボロだった者に関しては、自分自身の甘えと他人や周囲への責任転嫁ばかりで己を反省することなく改善する姿勢すら見せないなど、見ていると申し訳ないですが見苦しいなと感じる者も残念ながら出ています。要は、その失敗をどこまで学びにつなげて今後の改善に活かしていくかなのに…勿体ないなと思いつつ。

このような局面で、私も言葉を選びつつ、言うべきところは厳しく塾生に指摘するわけですが…。

私のみならず、私より遥かに優秀な塾長先生にも少なからず教育評論家である尾木○マの「叱らない子育て」に懐疑的・批判的な方が少なからずいます。褒めることは大切である反面、必要な局面で叱らないのは子育てにおいてはマイナスでしかありません。

人を育てるのも、塩加減というか、叱る程度がそこそこに難しいんですよね。
キツく言い過ぎても子どもは凹んでしまうし、やんわり言うと全然通じない場合もあります。

愛情込めて、懇々と語り続けるのが一番効果があるのですが、それすら理解できない子どももいます。

要は、あまりにも親や周囲から甘やかされ過ぎて、自分で厳しい方向に動く勇気がなくなっているから。
そんな育てられ方をされた子どもは、長い目で見ると、ほんとにかわいそうだと思うんですよね。

ほんの少しのことも我慢できない人にとって、我慢を強いられる社会はツラいものでしかありません。
我慢をした先にある、自分のやりたいことや夢が転がっているということに気づけない。

人生のチャンスは誰しも平等に与えられているように見えますが、そのチャンスをつかむ能力は平等には与えられていません。我慢して我慢して自分自身をアップグレードしてきた者だけがやりたいことをして、夢を叶えられる社会だということに子どもの頃から気づけてる者が幸福感を手にするんでしょうね。

夢を持てる人は、ほんとに幸せだと私は思っています。
なぜなら、世界中の色々な国で生きていくだけで精いっぱいで、どんな夢も持てない人たちが多くいるから。

日本というこれだけのチャンスのある国で、ただ日々の時間を浪費して死に近づいているはもったいないですよね。
だからこそ、次の時代を担う子どもや若者たちにマインドセットを通して、その意味を伝えていくだけです。

>1円もムダにしない夏期講習’2020はこちら

夏期講習を申し込まれたご家庭には、夏期講習後の入塾に際して、お得な特典があります。
受講を希望されるご家庭はお急ぎ下さい。

———————-

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市にお住いの小3~中3生をお持ちのご家庭へ

「いつでも会いに行けるアイドル」ではなく『いつでも通おうと思えば通える地元密着型オンライン塾』始めています。
受講を希望されるご家庭はこちらのバナーをクリック↓



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ