トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 数検準2級に飛び級合格した中3生は「勉強なんてイヤだ、やりたくない、でも不良学校には行きたくない、楽しく守られた高校生活を過ごしたい、だからパパママ、お金出して私立行かせて!」と甘えてる同級生を尻目に、自分は負けないと言い切る姿に感心。

数検準2級に飛び級合格した中3生は「勉強なんてイヤだ、やりたくない、でも不良学校には行きたくない、楽しく守られた高校生活を過ごしたい、だからパパママ、お金出して私立行かせて!」と甘えてる同級生を尻目に、自分は負けないと言い切る姿に感心。


11月の数学検定・算数検定の合否速報がWeb上に出ました。

全員合格にはならなかったのが個人的には無念ですが、ほとんどの塾生が合格を果たしました。もちろん、小学生はスーパーキッズプロジェクトの超飛び級学習による合格が何名も出たことで、喜ばしい結果報告となりそうです。

現在中3の受験生が、今回、高1レベルの数検準2級に飛び級合格を果たしました。

彼はウチの塾の最寄りの中学校に通っていますが、中2で入塾してきたときはフツーに学校に合わせた内容しか点が取れなかったのですが、e数学ラボ(数学専門予備校)の特殊カリキュラムと指導でどんどん先取りさせた結果、中2の終わりで全国の公立高校入試問題の数学を解かせたら、なんと満点乱発…恐るべしでしたね。

上位に行きたいのなら、公立中学の学習進度に合わせて勉強している時点で完全にアウトです。どんどん先取りして、中3夏に中学校内容が終わってなければ合格は遠くなります。

彼が目指しているのも当初予定していなかった理数科ですが、同級生が全然手が届かない数検準2級の合格をつかみ取ったことで、自信を持って臨めると宣言してくれました。ただ、危機感もきっちりあるようですので、しっかり足元を見据えて闘っているんだなと改めて感心させられます。

彼の周りには、年によってたまたまそういう学年だと思いますが、特に私立の単願でまともに受験せずに逃げてしまうクラスメートが多いようです。単願と言っても、やはり成績下位層の子がほぼ全員とのこと。

勉強なんてイヤだ、やりたくない、でも不良学校には行きたくない、楽しく守られた高校生活を過ごしたい、だからパパママ、お金出して私立行かせて!…という子ばかりとのこと。

これが本当なら、実に残念です。
高校受験は、己の生きる環境を良い方向に大きく変えられる数少ない機会なのに。

人生において、逃げられない避けられない闘いがこれから何度も出てくるのに、何としてでも逃げ切ろうとする弱い子がこんなにたくさん…そして、それを認めてしまい甘やかしてしまう親御さんがこんなにも多いのに、どうしてもショックを受けてしまいます。

彼はそういった中に入りたくないとはっきり言いきっているので、勇ましさと同時に、クールでイケてる男になったな~と私は感心しきりです(笑)。

彼のように勇猛果敢に前向きに立ち向かって、己の勝利を己でつかみ取ろうとする気概のある若者がどんどん減っていくのかと思うと、どうしても複雑な気分になってしまいますね。

学力だけあればいいわけでもなく、だからといって心が育ってないのも良くないわけで…やはり人を育てるのは難しいなと改めて思った次第です。

冬期講習のお問い合わせ、「最新・更新」ページにアップしたときは大して反応がなかったのですが、後期中間テストが終わった今になって問い合わせだらけになっており、なかなか折り返しの連絡ができなくてご迷惑をおかけしております。もう少々お待ち下さい。

>“自己管理” から結果に直結させる冬期講習はこちら

今回は小学生のお問い合わせが多いですね、しかも遠方の方々や私立小の方々のスーパーキッズへの関心が高いようです。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ