トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 部活をやっている子で「伸びずに終わる」子の共通点。

部活をやっている子で「伸びずに終わる」子の共通点。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

先日、出張で広島に行ったので、そのついでに宮島に寄って、世界遺産にもなっている「厳島神社」で受験生たちに学業お守りを買ってきました。すでに前期で合格してる子もいれば、後期の準備で追い込みをかけている子など様々ですが、神のご加護にあやかりたいのは、私たち塾講師も同じこと。何とかハッピーエンドになってほしいですね。

 

 

さて、文武両道という言葉が理想とされる世の中になってきていますが、しっかりできている子に共通するのは「時間管理」含めて『自己管理』ができている子がほとんどです。

 

 

そして、もう1つ。

それは「言い訳をしない」子であるかどうかということ。

 

 

成績が上がってないお子さんに共通しているのは「部活が忙しいから!(仕方ない)という言葉しか言ってこない点でしょうか。

 

 

部活が忙しいのは当たり前です。

それを言い訳にしている段階で、すでにだらしないですね。みんな同じだし。

 

 

いや、学校の部活以上にハードな思いをしているサッカーや野球のクラブチーム組はどうなる?もちろん、自堕落で自分に甘い子もいるでしょうが、大半は己の弱さに向き合い、乗り越えようとする姿勢を持っています。結果、成績もついてくるでしょうね。

 

 

実際にウチの塾でもクラブチーム組が何人もいますが、みんなきっちり結果を出しています。でも「部活が忙しい!」という子にそんな話をしても、一切聞く耳を持たない。

 

 

なぜなら、自分が一番かわいいからです。

 

 

だから、徹底的に自分を甘やかし、自分の行動や思考をすべて正当化しにかかる。こういった子は、独学だろうが、どこの塾に行こうが、まず成果が上がらないでしょうね。

 

 

なので、申し訳ないですが、部活を言い訳にしている時点で、私は「だらしない」と見なします。

 

 

ない時間を有効活用することを考え、最大限の成果を上げるにはどうしたらいいか?

ウチの塾は、塾生たちにその都度伝え続けています。大半は実践できています。

 

 

「自己管理」は大人でも難しいです。

 

 

でも、それを子どものうちから意識させて、試行錯誤させていけば、大人になって「有能な」人材になるのは確実です。大人になって始めたのでは遅いですから。

 

 

【小~中学生の親御さんへ、子育てセミナーのお知らせ】

 

 

3月3日(土)15:00~17:00 稲毛スポーツセンター工房にて、プレミアム子育てセミナー「子どもの学力を伸ばした親と伸ばせなかった親、明暗を分けたたった1つの違いとは?」を実施します。小~中学生の親御さん対象です。

 

 

>村上の子育てセミナーに参加された親御さんの声はこちら

 

 

セミナー参加の方には冊子プレゼントもあります。入場無料です。

 

 

参加申し込みはメールaquras_nishifunabashi@ybb.ne.jpもしくは当塾のLINEアカウントのID「@qsj0918d」にて参加人数をお知らせ下さい。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ