トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 小学生がメイン指導の塾関係者から、確実に恨まれる内容かもしれませんね。

小学生がメイン指導の塾関係者から、確実に恨まれる内容かもしれませんね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「子どもは塾に行かせた方がいいのでしょうか?」という質問を、地域のお母さんたちから受けます。

最近は小学校低学年から塾通いをする子も増えています。

でも、おかあさんが「塾に任せておけば安心」だと考えているのだとしたら、それは大きな間違いです。

また、「他の子が行っているから、ウチの子も」という考え方も即刻やめて下さい。

成長過程は子どもによってそれぞれです。
全く必要のない子もいれば、早くからやりすぎて自滅する子もいます。お子さんの勉強の取り組み方などを見て、親がしっかりと見極めて下さい。

お子さん本人に塾に行って勉強したいという意欲があるのであれば、行かせてもいいと思います。

ただ、基本的には、小学校のうちは最低限の学校の勉強をしていれば、あとは伸び伸びと育てることが大切です。

塾で国語を習うより、自分で興味のある本を読んだ方が遥かにその子の才能を伸ばすことになるでしょう。

小学校のうちは、塾に行かせるというよりも、早寝早起きをしたり、なるべくテレビを見ないといった基本的な生活習慣をつけることが先決です。

勉強をする環境と準備ができていれば、塾に行かなくてもいずれしっかり勉強できるようになるはずです。

逆に、それができていない子は、塾に行っても成績は伸びないでしょう。

塾屋の私が申し上げるのもおかしな話ですが、現にそういう状況をたくさん見てきましたので、敢えて申し上げました(笑)
>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ