トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 宿題をやらなかった子を怒りますか?

宿題をやらなかった子を怒りますか?

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

子どもがなかなか宿題をやらなくて困っているというお母さんがたくさんいると思います。

小学校から帰ってきた我が子に向かって「宿題やったの?」と毎日口うるさく言っているお母さんも少なくありません。

子どもが宿題をしなかったり、忘れたりしたことを一方的に怒っても問題は解決しません。

もちろん、出された宿題をやっていくのは当然です。

とはいえ、そこを責めるのではなく、なぜやれなかったのかという理由を明確にさせました。

宿題をやらなかったことを責めても仕方がありません。

「宿題をやらないとどうなるか」を子どもに認識させ、「宿題をやる方が、宿題をやらないよりもいい」と、子どもが思うような状況を作るのが効果的です。

宿題をやっていなかったり、忘れたりしたときというのは、子どもは多かれ少なかれショックを受けています。放課後に居残りをさせられることもあるでしょう。「それがイヤだから、やっていった方がマシ」と思わせるように仕向けるのです。

「問題をやっていかなくて経験したこと」を認識させることが大切です。

「なんで宿題をやらないんだ」と叱ってしまうと、子どもの考えがそこで止まってしまうと私は思います。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ