トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > ウチの子は字が汚く、いくら言っても直りません…。

ウチの子は字が汚く、いくら言っても直りません…。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「字をきれいに書きなさい」といくら言っても、絶対にきれいに書くようにはなりません。お子さんには「字をきれいにしよう」という意識がないからです。

では、どうしたらよいでしょうか?

字が汚いことで損をする体験を味わわせましょう。

汚い字のせいで試験にミスするといった体験を重ねることです。

「字が汚いことは損なんだ」と認識します。

私はこれを敢えてやります。意地悪だと思われるかもしれませんが、そうしなければ子どもが自分の状態が分かりません。それで認識した子は直っていきます。

すべてそうですが、誰に何を言われようと、自分自身がしっかり認識しないと行動は絶対に変わらないのですから。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ