トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 口が悪くても「真のプロ」を感じされられた瞬間。

口が悪くても「真のプロ」を感じされられた瞬間。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

今日は、教育のことからは話がズレますが、たまにはご勘弁下さい。

愛車で西船橋工房に出勤する途中、道路が渋滞でなかなか動かず。そんなところに、後ろからけたたましいサイレンで救急車がボンボン前の車を抜きにかかっていました。

みんな狭い道幅の中で路肩に避けて道を開けようとしてる中で、とあるヤンキー入った兄ちゃんが運転席にいる(私からも見えました)車だけKY全開で避けるどころか中央に居座ったまま、音楽ガンガン鳴らしていたわけで…。

私も今まで出くわしたことないんですが、救急隊員の凄いアナウンス聴けちゃいました!

「救急車が通るんだよっ!早くどけっ! おまえだよ、そこの黒いプリウスッ! 早くどかんかーーーっっっ!!!」

急病人がいる中で不謹慎なのは分かってますが、吹き出して笑ってしまいました(≧∇≦)

相当イラついてたんでしょうね、この兄ちゃんがどかなかったのが。

そして、ほんとに「プロ」だなぁと、感銘を受けました。
人の命を救うために全力を尽くす、こういった気高い意識を持った方こそ、真のプロフェッショナルなんだなぁと感じました。

口は非常に悪かったですが…(笑)
個人的には、なんかスッキリした気分です。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ