トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 成績が「上がる」子、「上がらない」子の違い。(再アップ)

成績が「上がる」子、「上がらない」子の違い。(再アップ)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ケンカの強い奴ほど、暴力を振るわない。
誰が向かってきても勝てるので、堂々としてればいいだけのこと。

ケンカが弱い奴ほど、自分を強く見せようとして、
自分より弱い奴を殴る。
ところが、自分より強い奴には絶対に立ち向かわない。
自分の弱さを、人に見られたくないからだ。

勉強でも、同じことが言える。

成績の悪い奴ほど、虚勢を張り、自分は「頭がいい」コトを周囲に自慢する。
ところが、問題を解かせると全くできない。そして自己弁護の言い訳が始まる。
そして、今以上に成績が上がることはない。

成績の良い奴ほど、絶対に自慢しない。
逆に、「自分はまだまだ」と、成長途上であることを反省する。
謙虚な姿勢だからこそ、吸収も早く、これまで以上に成績も伸びていく。

この両者の差は、何なのか?

誰もが文句をつけられない程の圧倒的な練習量。
そこから生まれる、絶対的な「自信」。

それは、すべて本人の「心」次第ですよ。
次は、これを読んでくれているあなたの番です。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ