トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > どうすれば「勉強ができる子」になるんでしょうか?

どうすれば「勉強ができる子」になるんでしょうか?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

わが子の出来の悪さを嘆き、口を開けば「どうしてそんなに頭が悪いの?」と小言を言っているお母さんがたくさんいます。

 

 

でも、身近にいるお母さんからいつもこういう言葉の暗示を受けていると、せっかく伸びようとしている能力にストップをかけてしまうことになりかねません。

 

 

「なんでできないの?」といった言葉は、お子さんの自信喪失を助長します。

親の口癖が、お子さんを「できない子」にしていないでしょうか?

 

 

子どもというのは「暗示」に強く影響されます。

「おまえはダメだ」と言われて育った子は、本当にダメになってしまいます。逆に「おまえができる」とプラスの暗示をかけられて育った子は、本当に「できる子」になります。

 

 

小さい子は親の言葉で自分がどういう子なのかを知り、その言葉通りの自分を作り上げていくものです。

 

 

あなたのお子さんをやる気にさせるには、否定するのではなく、常に肯定的な言葉をかけて、お子さんの可能性を示唆してあげることが大切です。

 

 

わが子をできるように育てるには、「あなたはできる」と繰り返し言い続けることです。

自己肯定された子どもの頭脳は、どんどん発達していきます。

 

 

そして、お子さん自身にそう言わせたりして、自己暗示をかけさせます。

自分はできると思っている子は、たとえ失敗してもそれをバネに飛躍できます。

 

 

子どもは、大人には計り知れない程の潜在能力を持っています。

それを生かすも殺すも、親次第なんです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ