トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > ママ友ネットワークの深くて暗い闇。

ママ友ネットワークの深くて暗い闇。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「○○ちゃんは、もう××ができるらしいわよ」

「△△くんは、塾に通い始めたんだって」

 

今日も、ママ友の間でそんな不毛な会話が交わされていることでしょう。

 

子どもの教育で絶対に避けなければならないのは、他人との比較です。

私は、このママ友同士の情報交換こそ、子どもに対する「横並び思考」の元凶だと考えています。

 

よほど自分を強く持っているお母さんでなければ、ついママ友の情報や噂が気になってしまいます。

 

ママ友付き合いをしなければ、そういう余計な情報に振り回されることもなく、ゆっくりした気持ちで子育てに向き合えます。

 

もちろん、ママ友から貴重な情報がもたらされることもあるでしょう。

 

でも、人が集まればそこには様々な思惑が渦巻きます。子どもの問題にも大人が割り込んで入っていき、そこに大人の都合を持ち込んでしまうというのは、果たして子どものためになるでしょうか?

 

最近、ママ友トラブルは大きな問題になっています。

ママ友関係のこじれから、子どもが仲間はずれにされるようなケースも頻発しています。

 

『AERA』2012年10月15日号に、都内のある公立小学校で「ママ友」会合禁止令が出されたという記事が掲載されました。

 

この小学校では2年前から学校外での保護者間、特に母親同士の会合を禁止する旨の通知を入学式で配布しているそうです。

 

賛否はともかく、学校が親同士の付き合いにまで口を挟まざるを得ない状況というのは、極めて深刻だと思われます。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ