トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 悪魔は微笑む天使の顔をしてやってくる…それが垣間見えた入試問題。

悪魔は微笑む天使の顔をしてやってくる…それが垣間見えた入試問題。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

都内の私大法学部AO入試で出されたこの問題、おもしろいですね。

 

残念ながら私は小論文が専門でもなければ、文章をまともに書くことすら怪しいので、どっから切り出したらいいか正直分からないのですが…。

 

自分自身が主体で述べるのか、公共の福祉の観点で述べるのか、それとも犬の気持ちになって述べるのか…(笑)

 

字数を考慮すると、1つにテーマを絞った方がいいのか?とか。

 

この問題のいいなと思うところは、一見笑えるような簡単な内容に見せかけて、実はとてつもなく奥が深い内容という点でしょうか。

 

私も、これで合格点の文章を書ける自信がまったくないです(笑)

でも、いかにも難しい文章とテーマで書かれている問題文よりも、実は考えさせられます。

 

普段から表面だけ見て生きている方には、とても書けないでしょうね。

そう思うと、私もまだまだ上っ面だけの人生なんだなーと痛感させられます。

 

この法学部、小論文のAO入試で競争率7倍でした。

小論文だけ、単なる推薦入試と思って受けた受験生は、痛い目に遭ったでしょうね。

それもまた、大切な社会勉強です。

 

塾人として、まだまだ感性を磨いていかなきゃと思わされる1日でした。

今日は中間テスト前で、希望する塾生に教室開放しています。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ