トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 「恋愛すればいい!」それがおまえの想像力を伸ばしてくれる。

「恋愛すればいい!」それがおまえの想像力を伸ばしてくれる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

人を動かすことが、あらゆる仕事の原点だと私は思っていますが、そのために必要なものは何だと思いますか?

 

 

それは、他者への想像力だと、私は思っています。

 

 

自分が何かを言ったとき、相手はどう受け取るのか? 傷つくか、刺激と取るか。

そういったことを直感的に感じ取れないと、相手の心はつかめないものです。

 

 

他者への想像力がある人は、人を惹きつけることができます。

気持ちが分かってもらえたと思うと、その人は損得を越えて、相手のためになることをしようとしてくれるものです。それが結果的に、予想を超えた実りにつながるんです。

 

 

そういった想像力を育むための方法は何かないのかなとか考えてたら、手っ取り早いのは「恋愛」でもすることかなとか、思ってしまいました(笑)

 

 

「恋愛」ほど、相手の言動に対して敏感になるものはありません。

そこで人は、相手のちょっとした態度や言葉に歓喜したり、絶望したりするものです。

 

 

また、自分の強い想いだけでは、どうにもならないことにも気づかされます。

相手の気持ちを理解し、自分の気持ちとかみ合ったときに、初めてうまくいくことを思い知らされるわけです。

 

 

私が、恋愛が他者への想像力を育むと直感的に思ったのは、恋愛がある種の「限界的な状況」であるためです。

 

 

相手は自分にとって、唯一無二の存在です。

どうしてもその人でなければなりません。

 

 

これほど強く他者を意識する状況って、恋愛以外だとあまり思いつかないんですよね。

そのような切羽詰まった状況でのみ、想像力は育まれるものだと、私は考えています。

 

 

想像力が欠けて、自分の想いだけで推し量っても、決して人は動かないんですから。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ