トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「みんな公立に合格したのに、自分だけ落ちました…」そんな塾生に、先を生きる者として、かける言葉。

「みんな公立に合格したのに、自分だけ落ちました…」そんな塾生に、先を生きる者として、かける言葉。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

公立入試の後期日程の合格発表が出ました。

例年、ウチの塾は公立合格率は100%を叩き出してきましたが、今回は1人だけ残念な結果になってしまいました。

それも、模試ではB判定以上の成績でこうなってしまったのですから、やはり受験は何が起こるか分からない、魔物が住んでるな…と。

それでも、塾全体で見れば、ほぼ全員が希望する本命の高校に合格することができました!
模試ではD判定からひっくり返して合格を勝ち取った塾生も、今年は多かったですね。

私の母校である市立千葉高校にも合格した塾生が出て、この件に関してはうれしい限りです。

「塾長、みんな合格ったんですね。すいません、自分だけ落ちちゃいました…」
そう言って落ち込む唯一の塾生に対して、私が思っているところを申し上げます。

自分だけ負け組になってしまった…?
そんなこと、あるわけありません。所詮は、一時の結果論に過ぎないということ。

高校受験だけにフォーカスすれば、そう思ってしまうのも無理はありません。

ですが、彼は入塾してから今回の結果が出るまで自己研鑽を続けてきて、周囲の誰が見ても、成績も上がってきているのを知っています。勝負は、時の運もあります。今回で人生が終わるわけありませんから。

人生における最大の目標は、幸せに生きていくことです。
高校受験などその1ページにしか過ぎず、大切なのは、その貴重な経験を自分の将来設計にどう活かすかということ。ここまで頑張ってきた努力の勲章が無効になることは、絶対ないんです。

受験で合格して、自信を持つことで「強く」なることもあれば、受験に失敗して、悔し涙を流して「強く」なることもあります。どっちも、正解ですよ。

彼の人生において、彼が今回の失敗を活かして精神的にタフになり、社会的に成功してくれることが何よりもうれしいことだと、私は思っています。

彼の数年後の姿が、本当に楽しみです。

そして、高校が全員決まったウチ中3生たちは、昨日から全員自主的に高校数学の予習を始めました。大学の一般入試も睨む者、指定校推薦を取るための戦略を見据える者、みんなそれぞれの目標に向かって、残された中学校生活の時間を有意義に使おうとしています。

一時の失敗など、失敗のうちに入りません。
失敗を恐れて経験しないで勝てる勝負しかしないで大人になり、取り返しのつかない失敗をして失脚する方が本当の失敗です。

あなたのお子さんにも、物事を恐れず立ち向かわせるようにしてあげて下さいね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ