トップ > 塾長日記一覧 > 市立千葉高スタッフのブログ > 指定校推薦について

指定校推薦について

お久しぶりです!学力再生工房AQURAS稲毛駅前工房スタッフの加瀬です。

前回は修学旅行についてお話ししましたが、今回は大学受験系の話をしていきたいと思います!

大学受験の中でも、今回は市立千葉の指定校推薦について少しだけお話ししていきます!私自身が指定校推薦をとった訳ではないので実体験を含めたお話はできませんが、知る限りのことはお伝えできればと思います。

市立千葉の指定校推薦は、まあまあある方だとは思います(笑)他の高校がわからないので曖昧ですみません、、。

3年生の秋頃に指定校推薦で受験できるかどうかが決まります。大学ごとに提示されている内申点や履修科目、検定の条件をクリアした上で、同じところを希望する人同士で取り合いになります。そうなった時は大体内申点が高い方の人が推薦を得られます。この時期になると「〇〇さんが〇〇大学〇〇学部の推薦とりたいらしいよ」「〇〇くん内申点4.5以上あるらしいよ」なんていう噂が流れて、勝手に生徒のあいだで誰がどこをとるかが決まっていきます(笑)噂で聞く限り自分の内申点が相手に負けているとわかると、第一希望のところを諦めて第二希望のところに挑んでみたり、、。心理戦ですね、、(笑)

早慶はもちろん取り合いです。大学側からの条件は内申点4.2以上だったりしますが、実際に早慶の推薦をとりたいのであれば内申点4.5以上は必須なのだと思います。
MARCHは人気のところはもちろん心理戦があったと思いますが、余るところは余っていたはずです。自分で調べて進学したいところであれば、静かにそこに提出したいですね、、。

でも早慶MARCH理科大などの指定校推薦をとりたいのであれば、内申点4.0は必須になってきますし、その内申点を維持することは相当難しいことだと思います。

指定校推薦を得るためには、1年生のときから人一倍テストを頑張らなければいけないみたいです。毎回のテストで頑張って、内申点を高く維持できる人だけが指定校推薦を考えられるんです、、(笑)

推薦のお話をしてきましたが、推薦受験で進学する人がそこまで多い訳ではないので、実際は一般受験する人がほとんどです。どちらで受験したいかは、その人の志望校や性格次第ですね。

以上今回は加瀬が更新しました!次回の市立千葉ブログもお楽しみに♪

——————–お子さんの学業に関すること、受験に関すること、相談を受け付けるコーナーを設置しました。

QRコードよりLINEチャットに入室、お子さんの学年を入力して質問を書き込んでもらえれば、時間のあるときに回答させてもらいます。対象は公立中に進学予定の小学生の親御さんと、中学1~2年生の親御さんまでとさせて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ