トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 日本史や世界史にこだわりがなければ、政経の選択が合格への最短の選択肢です。

日本史や世界史にこだわりがなければ、政経の選択が合格への最短の選択肢です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

高3女子の中間テストの結果が却ってきて、政経がクラス1位どころか、学年でも1位になっちゃったようです(笑)

 

彼女は、塾では政経を受講していないので、自習席で市販の参考書と問題集を片手に勉強していただけなんですが、偏差値65クラスの高校でもあっさり1位が取れてしまうんですよね、不思議なことに。

 

実は、不思議でも何でもありません。

日本史や世界史に比べて、圧倒的に覚える量が少ないからです。

 

全体で覚える量を10とするなら、世界史が10、日本史が9、地理が6、政経が5です。

 

実はかなりお得な科目なんです。

現代社会にちゃんと興味があればですが(笑)

 

でも、今を、これからを生きていく上で、かなり重要な科目ですよ。

日本史や世界史が特に興味なく、好きでもないなら、思い切って政経を選択する方が勝てますよ。

 

デメリットとして、文学部や外国語学部などの文学・語学系学部だと、政経では受験できない可能性がありますが(苦笑)

 

彼女は、法学部志望なのでお構いなし。

他に、経済学部や経営学部・商学部らへんの社会科学系も問題ないはずです。

 

勝てるところで勝負する。

それも、合格するには大切な戦略ですね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ