トップ > 塾長日記一覧 > 塾業界のウラ話 > 「おたくの塾は、先生と生徒が1:1ですか?1:2ですか?」

「おたくの塾は、先生と生徒が1:1ですか?1:2ですか?」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

おたくの塾は先生と生徒が1:1ですか?それとも1:2ですか?」と聞いてくる新規問い合わせのお母さんがいます。

まだ大手にいた頃には、年中こういったことを聞かれました。要は1:2よりも1:1の方が、より我が子に教えてくれる時間が長くて良い…と考えるようです。

そういったお母さんには、私はこう答えます。

「ウチは1:10ですよ。たぶん他の塾さんと比べると、指導方法はたぶん荒っぽいですよ。でも、ほとんどの塾生が点数上げてきますね」

そして、聞いてきたお母さんは「………」で終わります。

成績を上げるポイントは、実はそんなところではありません。
その話は、また別の機会にするとして…。

個別指導の方が、その子が分かるまで細かく教えてくれるから良い…と考えるお子さんやお父さんお母さんも多いのですが、私は逆だと思っています。

一時的にはできるようになりますが、長期的には明らかにマイナスです。

すぐに答えを教えてもらうということは、子ども自身が何も考えなくなり、周囲への依存度が強まるだけです。そして、そういった子どもは、本番でまず力を出せません。

大切なのは、子ども自身がいかなる場所においても、実力を如何なく発揮することです。そのためには、自ら考えるクセを日頃からつけていなければなりません。そして、実戦を多く積んで、修羅場を経験すればするほど、本番で実力を惜しみなく出し切ってくれます。

AQURASでは、塾生の質問に対して、講師が手取り足取りは教えません。

ヒントを与え、徹底的に本人に考えさせて、正解に届かなかった場合、そのときは手を差し伸べます。

一見すると、面倒見が悪いとか言われそうですが、子どもが自分で考え成長するチャンスを奪い、その芽を摘んでしまうことは、その子の将来には悪影響です。

適度に教え、適度に突き放す…この距離感が大切だと、私たちは考えます。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ