僕はこんなに頑張ったのに…私はこんなに頑張ったのに…から見える、下位層の共通項。

西船橋・稲毛の学習塾:学力再生工房AQURASの村上です。

取り上げられたテレビ朝日系ネットチャンネル「Abema Prime」で“価値観が古い!”と出演されたギャルにディスられて、カンニング竹山さんにフォローしてもらったという、日本全国でも相当珍しい希少価値な塾長やっています(爆)。

中学生の前期中間テストの結果が揃ってきていますが、入塾当初は5科300点台中盤だった塾生たちが今回450点オーバーをクリアして、本人たちがうれしそうに結果表を持って報告しに来てくれているのが印象的です。

逆に点数が取れていない者に共通しているのは、自己認識の甘さ、自身の尊大さと自惚れによる現状把握の甘さが挙げられます。そして、中には「こんなに努力して頑張ったのに、悔しい」とヌカす者も。

大丈夫です。
本人、そこまで勉強していないはずです。

教務スタッフも全部報告に挙げてきています。
少しつつくと、今度は本人泣き出します(汗)。

この手のケースに共通しているのは、いかに視野が狭い人間性かということ

僕は頑張ったから…!私はこんなに頑張ったのに…!
という悲劇のヒーローヒロイン演技力大会に持ち込もうとします。頼んでもいないのに。

このような者たちの話を聞いた上で、
私からは「だから、何?」で終了です。

表面的に優しい言葉をかけてもらえると大甘に考えていた者たちは、ここで撃沈どころか沈没します。

頑張ってるのは、おまえだけなのか?
必死に勉強してるのは、僕ちゃんだけなんですか?随分と自己愛が激しいな。

Only Oneの世界に独りで浸るのは勝手だけど、そもそもみんな勉強してる。数えきれないほどの同学年同級生たちの頑張りがあって、みんな結果を出すために程度は違えど頑張ってる。

第三者が介在する勝負では、Only Oneなどの自己評価は一切通用せず、強制的にOne of themの土俵に放り込まれることを忘れてないか?

その頑張りの比重判断・自己評価が、今回の結果であるということを、本人が理解できていないのが問題です。

僕はこんなに頑張ったのに?
私はこんなに頑張ったのに?

もし親御さんの目線で申し上げるのであれば「ウチの子はこんなに頑張ったのに?」かもしれませんが。。。

所詮そんなのは、個人レベルで頑張ったという自己評価であれば良い。

ただ、テストや入試というのは、他者との比較であり、他者が介在する闘いであるということ。

100m走専門の陸上選手が、仮に予選で散々な結果になったときに「僕はこんなに頑張ったのに…」とコボしたところで、誰も相手にしませんよね。

もちろん、学業に比べて、スポーツや芸術の才能格差は絶望的なくらいどうにもならない現実がありますが。。。

結局は、第三者が介在する闘いである以上、第三者に認められなければ、その世界での高みまで上っていくことはできないという残酷な現実だけです。

自己肯定感を高めるという意味では、普段からの小さい局面で、己自身に言い聞かせて奮い立たせて自信をつけるためのセルフトークは必要であると私も考えます。いや、思いっきり必要ですね。

ですが、避けることのできない本番という状況では、己を奮い立たせるためのセルフトークをかけつつも、他者を常に意識して、その中で栄冠をつかむにはどうするかを想定しておかなければなりません

そこで、僕は頑張ったのに…というセリフは、己自身がカラに閉じこもって、現実を直視しようとしない臆病者が主張する逃げゼリフであると私は塾生たちを長年見ていて思うところです。

おもしろいことに、上位に自力で上り詰めた塾生たちで「僕はこんなに頑張ったのに…」シリーズのフレーズを並べる者は、ほぼ皆無です。

周りの景色がよく見えているからでしょうね。

そこから見えてくるモノは何なのか?

それは、上位層になればなるほど客観的に物事を分析して行動するのに対し、下位層に下がれば下がるほど主観でしか物事を捉えずに短絡的・直情的に行動する…という事象なんだと思うところです。

—————

今年度の夏期講習、受付開始しております!
6月末までに申し込まれたご家庭には、総額20,000円~34,000円のスペシャル特典をご用意!

小学生・中学生のお子さんをお持ちのご家庭はこちら↓

高校生・大学受験生のお子さんをお持ちのご家庭はこちら↓

「最新・更新」ページにも掲載してあります。

6月末までの早期申込をされたご家庭には総額20,000円~34,000円分のスペシャル特典がもれなくついてきます!超がつくほどお得ですねw

—————

当塾は、学び放題のプレミアムコースでお子さんに学習習慣を身につけさせるため、塾生ひとりひとりにいつでも使える専用席を設けているため、そんなに簡単に空きが出ません。

満席になりましたら、いつも入塾をお断りさせてもらっております
その際は入塾予約を受け付けることになりますので、入塾をご検討のご家庭はお急ぎ下さい。

—————

塾長:村上からの子育てコラムやAQURASのお得な情報をいち早く欲しい親御さんは、LINEの友だち登録をお薦めします↑H.Pでご案内することはない、LINE友だちだけの特典あります☆彡

—————

〇学力再生工房AQURASのホームページは【こちら】
西船橋工房(JR西船橋駅北口より徒歩4分)
稲毛駅前工房(JR稲毛駅東口より徒歩3分)

※入塾のご相談やお問い合わせは、当塾ホームページ下段のお問い合わせフォームより
TEL:047-401-2396(月曜~金曜 18:00~21:00)

AQURAS のTwitterは【こちら】
AQURAS のInstagramは【こちら】



このエントリーをはてなブックマークに追加   コース案内 小学部 中学部 高校部

ページトップ