トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 中学生で英検2級とか、6歳児で英検3級とか、小学生で数検3級合格とか…私が同い年なら勝てる気がしないけれど。。。教育の超速化を痛感しますね。

中学生で英検2級とか、6歳児で英検3級とか、小学生で数検3級合格とか…私が同い年なら勝てる気がしないけれど。。。教育の超速化を痛感しますね。

英検・数検の合否結果表が却ってきました。
数検は合格証書や賞状も届いたので、飛び級で合格した塾生たちは、もちろん大喜びです。

私の時代など、中1で英検5級、中2で英検4級が当たり前の時代でした。そもそも準2級などというものが存在せず、3級の次はいきなり2級というムチャぶりな時代でしたからね。

なので、ウチの塾生たちが中学生で英検2級とか小学校低学年で3級にパスしちゃうというのは、正直、時代についていけないです。

というか、まだ大手進学塾の管理職時代だった頃には社内プロジェクトの派遣先だったプリスクールで6歳児や7歳児に英検3級を合格させている立場でしたので、この時点で、ヤバい時代になったなとは感じていましたが…(笑)。

英検以上に遥かに凄まじいのは、スーパーキッズ上がりの子たちが中学修了レベルの数検3級に合格しちゃってる点です。マークシートではないバリバリの記述で、この快挙は凄まじいとしか言えないですね。

私も地元国立大の理系を出ていますが、正直、この連中が私と同い年だったとしたら、勝てる気が全然起きない…というのが本音です。子どもの教育の進化は日々目覚ましく、それをウチの塾が堂々と飛び級合格者をたくさん輩出できていることが喜ばしいです。

スーパーキッズ、秋の大体験学習会は中盤戦に差し掛かっていますが、まだ受け付けておりますので、今からでも受講を希望されるご家庭はすぐに申し込み下さいね。

>スーパーキッズ秋の大体験学習会の申込はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ