トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 嘘つきに育ってくれてO.Kだぜ。相手を傷つけない「優しい」嘘つきなら。

嘘つきに育ってくれてO.Kだぜ。相手を傷つけない「優しい」嘘つきなら。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////

私は入塾面談で親御さんやお子さんに「どこに出しても恥ずかしくない若者として、社会に出て行ってくれ!」と伝えています。規律を守れる、生活習慣もしっかりしている、行動規範もしっかり守れる、自立と自律を体現できる人間になれと。

なので、塾内でも塾生に対して基本的な行動規範と長幼の序を重視し、言葉遣いも生きていく上での規律もみっちり叩き込んでいます。こういったことができるお子さんというのは、学力も伸びる可能性が高く、さらに、どこに属しても大成する可能性も大きいものです。

ただ、そういった「どこに出しても恥ずかしくない立ち振る舞い」を塾生に求めていく私でも、場合によって「嘘」はついていいと思っています。嘘つきは、決して悪いことばかりではありません。

本来、嘘はついてはなりません。
当たり前だけど、これは意外と難しいんですよね。そもそも嘘をついたことのない人間など、この世にひとりもいないでしょうから。

単純な嘘や、すぐに嘘と分かる嘘は、それほど罪は重くありません。

嘘ついて、やってもいないことを「やりました!」と言うものなら、そこで伸びようとする者なら、そこから覚悟を決めてやるしかないと行動するからです。

見方を変えれば『有言実行』と取れなくもない…嘘つきにならないように必死で取り組んで目標を達成して、最後に「本当のこと」にしてしまえば、それは嘘ではなくなるんです。自身の嘘に困った挙句の果てに、嘘を本当にしてしまう者は、ある意味見上げたものですよ(笑)それはそれで、私はおもしろいと思ってしまいます。

それと、相手を想いやって、敢えて傷つけないための「優しい」嘘もいいのではないでしょうか。物事の真実や事実に直面したときに、相手の心を救うための優しい嘘、それは他者への気遣い・思いやりという観点で、その嘘をついた人の人間性は賞賛に値します。

成績が良い、優秀な者でなくても、こういった機転を利かせられる知恵による嘘は、もっと多くの人が認めても良いのではないかと思います。もしウチの塾生がそういう嘘がつける子がいたとするなら、私は本人に最大限の賛辞を送ると思うし、「おまえはどこに出しても恥ずかしくない子だ!」と周囲に言いふらしたくなってしまうと思います(しませんが笑)。

逆に、許してはいけない嘘もあります。

自分にとことん甘えて、改善しようという気がない嘘と、他人を傷つける嘘です。こういった嘘つきからは、いつか必ず人は離れていくでしょう。

だから、人が離れていく嘘だけは絶対についてはなりません。嘘をつくなら、罪のない嘘つきであってほしいものです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ