トップ > 塾長日記一覧 > その他 > 箱根駅伝を観て思う。

箱根駅伝を観て思う。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今年の箱根駅伝、日体大の総合優勝はすごく新鮮だった。

メディアでは東洋・早稲田・駒澤ばかりが取り上げられ、正直、飽き飽きしていた。日体大は相手にもされず、ノーマーク状態。まさに、してやったりにも見える。

ところが、日体大もここまでの道のりは平坦ではなかったらしい。昨年は繰り上げスタートでたすきがつながらず、しかも19位に終わるという、予選会を突破してきた猛者たちにも関わらず、相当凹む結果だったとのこと。

チーム改革はそこから始まり、基本姿勢・生活習慣の改善から始まったらしい。集合時間にきちんと集合する、全員夜更かしせずきちんと早く寝る、草むしりをする…etc、これまでとは違った環境になり、退部者も少なからず出たようだ。

日体大の監督さんも「まさか優勝するとは…」という位の話だったらしいのだが、1つ分かったのは、“生活の乱れている者が、競技でも結果を出せるわけがない”ということ。日々の姿勢や行動がしっかりしている者ほど、本番で結果を出す。だからこそ、普段からの生活を大切にしなければいけないのだと。

そしてもう1つ。生活態度の改善は、はっきり言って地味なものだ。人によっては、程度が低い問題として扱い、人によっては目立つパフォーマンスばかり重視する人もいる。勉強だと、基礎を疎かにして応用ばかりやりたがる子どもといったところか。勉強もそうだが、日々の目立たない地道な努力を続けることで、必ず大きな花が開くことは間違いない。それを疎かにしている者には、一時的に脚光を浴びても、必ずガタが来る。

塾に入ったから成績も上がる…という考えは、このことからも短絡的と言わざる得ない。確かに学力は伸びる、だけど、それは日々の地道な努力の賜物であることを再認識して頂きたい。

“当たり前のことを、当たり前にすること”が、どれだけ難しいかを考えさせられた箱根駅伝だった。強いだけでも勝てないし、運だけでも勝てない。そう思うと、“山の神”不在の東洋大が総合2位だったのは、圧巻だった。本当に、スゴいことです。

ある意味、駅伝らしい駅伝だったかなと思う。
  >西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ