トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > いま向いている方が、前なんだ。

いま向いている方が、前なんだ。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
///////////////////////////////////////////////////////////////

100年ライフ、長い生涯
雇用の未来、無形資産とは?
新しい時間の付き方、未来の人間関係

大人でも難しい内容に、高校生と中2・中3の塾生たちが立ち向かい、これから迎える超高齢化社会における自己実現と幸福な人生の追求のために今どんな方向性を見出していくか…。

ウチの塾の合宿史上初めて、各教科の勉強を一切しない、マインドセットの座学だけの合宿を広島県呉市で実施、世界を代表する知識人も称賛する名著「LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~」をガンガン読み込ませ、私が噛み砕いて実例を交えて説明を加えることで、塾生たちもどんどん知識を血肉化してくれました。

夢を追うことは素晴らしいし、それ自体は否定しない。
でも、見通しの甘さによる短絡的思考先行の口だけの夢は、空虚なものでしかない。

迫りくる未来を直視し、その中でも幸せを見つけられる生き方を模索する。

そして、与えられる人ではなく、与える人こそ、より幸福感を手にして、人生の高みへのチャンスを得ることができる。与える人になって、自身の知識や価値を社会に提供していく…そういった考え方を存分に塾生たちに考えさせながら、理解に導く作業の連続でした。

どんな可能性も否定されるべきではない、常に前に進み続ける。
己の信じる道を突き進むこと、迷ったとしても己が今向いている方向に歩くことこそ、前進している証。

ちょうど今クール、広島県呉市を舞台としたTBS系の戦争ドラマ「この世界の片隅に」が放映されていますが、そのキャッチで使われている「いま向いている方が、前なんだ」という一言こそドンピシャで、私も塾生たち自身に溢れる可能性を気づかせたいものです。

呉の中心市街地は多少知っていますが、合間を縫って、倉橋島の桂浜まで行ったのは初めてでした。「のん」こと能年玲奈さんが訪れた澄んだ砂浜で女子たちは大騒ぎ。座学の合間を縫って、良い息抜きになったようですね。もちろん、本場のお好み焼きも食べに行きましたし、安芸灘沖で獲れた新鮮な生しらすもいいですね(笑)

砂浜ではみんな、とても素敵な笑顔です。
心のモヤモヤが晴れて、力強く前を向いて生きる君たちのこれからを、心から期待したいと思います。

私にとっても、ストレスフルに加えて睡眠不足と猛暑で、心身ともに厳しい合宿でした。

でも、それも上回る喜びがあったことも確かです。ライフプランニングの構築を若者に考えさせる貴重な機会だったと思います。

まだまだ私も学んで、変わっていきたいものですね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ