子どもの劣等感をチャンスに変える言葉とは?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

子どもというのは、周りの子と比較して、自分が劣っている能力や資質に気づき、落ち込んだり、恥ずかしいと感じたりします。

 

 

大人から見るとほんの些細なことであっても、子どもは大きなダメージを抱えてしまうケースもあるんですよね。

 

 

劣等感自体は誰しもが持つものであり、決して否定すべきものではありません。

 

 

重要なのは、劣等感を自分を成長させるための力に転化させられるかどうかということ。

それが、子どもの将来を大きく左右すると言っても過言ではありません。

 

 

子どもが劣等感を持ったときには、親御さんはそれを頭ごなしに否定しないで下さい。

負けている分野ばかり見ていても、何も変わりません。何かに負けたからと言って、人格すべて否定されるわけではないんですから。

 

 

取るべき選択肢は、はっきりしています。

 

 

「どんな分野なら、勝てそうなのか?」

「どうすれば勝てるのか?」

 

 

を考えて、実行すればよいわけです。

 

 

まずは「勝った」という経験を1度でもいいから持たせるようにして下さい。

勝った経験を持った子の「心」には、自信が芽生えてきますから。

 

 

子どもは劣等感と上手につき合いながらも、前向きに競争で勝つための努力を始めるようになりますよ。大体の子どもは…(笑)

 

 

そのためにも、親御さんが子どもに劣等感を植えつけるような言葉を吐かないように注意していかなければならないですよね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ