トップ > 塾長日記一覧 > マインドセット~心の教育~ > 答案用紙を見れば、一発で「性格」も「人格」も分かります。

答案用紙を見れば、一発で「性格」も「人格」も分かります。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新規の入塾面談をするときに、中学生に関しては定期テストの答案用紙を持参してもらっています。もちろん、ワケがあります。

 

問題用紙など見なくても、答案用紙を見れば、その子がどんな回答をする子なのか、どういった性格の子なのかが、ほぼ一瞬で見抜くことができます。そして、改善の余地があるかどうかも瞬時に分かってしまいます。

 

回答欄の空白提出ひとつ取っても、それだけでは見抜けなくても、周囲の回答を見れば大体想像がつきます。

 

何とかして答えを埋めようとしたのか…。

それとも、もう最初から諦めきって白紙提出する気満々だったかというのも…。

 

答案用紙というのは、ある種の性格診断テストみたいなものであり、その子の生き様が全部くっきり描かれています。なので、ごまかしは不可能です。

 

ウチみたいに「心」の在り方を問うスタイルの塾は、目先の点数よりもはるかに、こういった考え方や性格を重視します。目先の点数では、真実は見抜けないからです。

 

世の中のほとんどの塾が目先の点数ばかりを追いかけます。

それもまた、塾の在り方として一理あるかもしれません。

 

ですが、そんな点数ばかりを重視する生き方を子どもに強いることばかりしていたら、点数さえ取れれば何をやってもオッケーだし許される…という自己中な価値観と自己顕示欲の塊のような子もたくさん輩出することになりかねません。

 

学力があることは望ましいことではありますが、それ以上に、物事をロジカルに考えることができる力と、それにふさわしい人間性と教養を身につけてくれることの方が大きいと思います。

 

ちなみに、この春は面白い形で、入塾面談キャンセルが2件ありました。

それは何か…?

 

面談の際に「答案用紙を持っていきたくない!」とお子さんがわめいたご家庭です。

中には点数が悪いのを他人に知られるのがイヤだから、いきなり破り捨てたというなかなかのツワモノもいたようで…。

 

この時点で、もはやどういうお子さんか分かってしまいますよね。。。

ウチの塾に来ても、本人の考え方が変わらないと、なかなか厳しいと思われます。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ