トップ > 塾長日記一覧 > 親の「心」の在り方 > シングルマザーだからといって、お子さんの前で無理に強がるのは愚策です。

シングルマザーだからといって、お子さんの前で無理に強がるのは愚策です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

時代の流れからなのか、シングルマザーが増えたことによって、母親が父親役も兼ねて「一人二役」やっている方も多いのですが、スゴいなと思う反面、それによってお子さんが委縮してしまうケースが出てきました(昔は逆、増長してましたが…)。

 

 

どういうことかと言うと、母親がお子さんの前で、頼れる背中を見せようとして、強い姿を見せようとして、虚勢を張ってしまうことで、お子さんに有無を言わせず「支配」してしまうんです、無意識のうちに。

 

 

その結果、母親の決定がすべて正しい、お子さんの言うことはすべて間違っているから一切受け付けない…などなど、お子さんが何を言っても母親が聞く耳を持とうとせず、自らを徹底的に正当化するため、もう話してもムダだ、諦めよう…と、子ども自身が無意識になってしまうんです。

 

 

現にそんな状態になってから、「塾長、この子を何とかして下さい!」と迫ってきた母親を数人見ました。母親が子育てに失敗したくないが故に、必死すぎてるのは分からなくもないですが、もちろん元凶は残念ながら母親にあります。

 

とはいえ、母親が変わろうとする意志があるのであれば、お子さんの状況は大幅に改善する可能性も残されています。実際、親子関係がよくなったケースもありました。

 

問題なのは、私に「どうにかしてほしい!」と訴えてくる割には、ご自身は何も変わろうとしない、私に丸投げしようとする母親です。

 

 

私の前で、頼りになる背中を見せる必要もなければ、強がって虚勢を張る必要もないんですが、やはりそれはご自身のプライドから出てしまうんでしょうか。素直さが皆無です。

 

 

母親に「素直さ」がない限り、長期的にお子さんとの関係が改善することがありません。

そこは意地を張らずに、素直にアドバイスを受け入れてほしいものです。私も有益な方法しかお話ししませんので(無益な方法論など話す理由などないので)。

 

 

「強い」人というのは、虚勢を張ることではなくて、実力もある反面、過ちを素直に認めてすぐに改善してきます。その結果、傷口が浅いうちに、思った以上の効果に結び付けることができるんです。

 

 

その逆の方は…もう言うまでもありませんよね。。。

それも、母親本人が気づくまで、私は待つしかありません。私も本当は手を貸したいのは山々なので、ぜひ気づけるように仕向けてはいきますが…(笑)

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ