トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > テストで悪い点数を取ることによる「プラス効果」とは?

テストで悪い点数を取ることによる「プラス効果」とは?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

前向きで向上心を持っている子が、テストで悪い点数を取ってきたとしましょう。

 

 

そういった子は「失敗した…。どこを間違えたんだろう…。でも、この次は頑張ろう!」ときっちり自己分析をして、次のテストに向けて積極的に対応します。

 

 

同様に、前向きな親御さんであれば「頑張ったのに残念だったね。でも、次は頑張ろうね!」と言ってあげられるでしょう。

 

 

しかし、前向きに考えられない子は、いつまで経っても点数にこだわります。

 

 

「あんなに勉強したのにできなかった。こんな点しか取れないなんて、もうダメだ…」

などなど、なかなか現実を受け入れることができず、立ち直れないんです。

 

 

ここで「どうしてこんなひどい点なのっ!?」などと親御さんが言おうものなら、事態は最悪の展開に陥ります。

 

 

お子さんは失敗を恐れて、もう次のテストに向かうことさえ怖くなってしまうでしょう。やる気をすっかり失ってしまいケースがほとんどです。

 

 

今回のテストは悪い点数で終わったかもしれませんが、勉強したこと自体はムダにはなっていないはずです(それでも、世の中は結果で判断する側面もあるし、結果が出なければ叱責されますが、それは大人になってからの話です)。

 

 

知識は蓄積されて記憶に残るので、いつか別のテストで実力を発揮できるかもしれません。その場限りでの成績で一喜一憂せず、学んでいるそのときのプロセスを大切にできる子ほど、幅広い教養を受け入れやすくなり、失敗しても何かを学び取ることができるものです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ