トップ > 塾長日記一覧 > 塾業界のウラ話 > 私のやり方を批判していた塾長関係者の大半は、すでに塾を「廃業」されました。そこから読み取れる塾選びの在り方とは?

私のやり方を批判していた塾長関係者の大半は、すでに塾を「廃業」されました。そこから読み取れる塾選びの在り方とは?


昨日書かせてもらったブログ内容、

【重要/塾探しをされる方へ】AQURASが「成績が中クラスのお子さんが1ランク上または上位を目指す塾です」と書いている理由。

に関して、あちこちから色々とご意見を頂戴しました。

一昔前だと「生徒を選んで取るとは何事だ!」「来たお子さん全員を入れて面倒を見るのが塾のあるべき姿だろ!」「どんな子にも懇切丁寧に指導するのが仕事だろ?」などなど、他の塾長関係者や親御さんから、苦情や批判言われ放題でした。

ところが、万人受けする指導を正当化して、私のやり方を批判していた塾長関係者の大半はすでに塾を廃業されています。俗に言う大手塾さんの資金戦略に食われてしまった感じです。

私は誰に批判・非難されようが、己の方針を昔からブレずにやってきただけのこと。そのおかげかはともかく、塾激戦区の西船橋でも8年潰れずに、超零細塾でここまで来れました。

最近だと「あなた、サービス業ですよね?この態度はお客さんに向かってする態度?あんたサービス業やる資格ないよ!」と親御さんが吐き捨ててご退塾されたケースもあります。

ちなみにこのお子さんは、塾内で他の下級生の塾生をイジめて多々問題になっていたので、本人に厳重注意した後に親御さんにも事情を説明したところ、こんなセリフで返ってきたわけですが(笑)。もちろん、お子さんの成績も振るわず…でした。

集団指導や個別指導など、塾のニーズが多様化する中で、学習塾のサービスをひとくくりにするのは不可能です。お子さんの習い事や生活スタイル・習慣が多様化する中で、万人受けの指導をする塾はこれからも淘汰されていくでしょう。資金力のある大手塾さんを除いて。

ICTの活用も本格化し、面倒見の良さがウリの地域密着型の塾はこれからどんどん淘汰されていくはずです。TVドラマを観ても、万人受けするはずだったトレンディードラマがどんどんオワコン化していくのがすべてを物語っています。

AQURASは『自己管理』による子どもの自立と自律を学ばせる塾です。マインドセットで「心」を書き換えさせて、さらに「キャリア教育」にも取り組む塾です。

なので、昨日も書きましたが

〇自分のチカラで何とかしようとしない。
〇先生や周囲の人に、やってもらって当たり前。
〇至らないところがあると、すぐ周りに責任転嫁。
〇自己弁護だけは超一流。

な要素を兼ね備えている子は、AQURASでは厳しいと思います。つきっきりで親身に指導してくれる塾の方がいいかもしれません。

AQURASで結果が出るお子さんというのは、トライアンドエラーを恐れずに失敗することを前提で、色々と試して、試行錯誤した上での「気づき」を得られる子です。

なので、誰かに何かを用意してもらわなければ何もできない子は、AQURASを塾選びの選択肢から外してもらって構いません。塾によって守備範囲は異なります。

塩ラーメンが超一流の専門店に、しょうゆラーメンやみそラーメン好きが押し寄せたところで、期待通りのモノが提供できるわけありません。塩ラーメンの良さが分かるお客さんに来てほしい…というのは店側にもあると思いますし。

そういう点で、お子さんの「心」を鍛えて、学力だけでなく人間教育もして「どこに出しても恥ずかしくない子」に育てるAQURASという塾に価値を感じる方のみ、入塾をご検討下さい

ここまで散々批判も受けてきましたが、こうして遠方からもたくさん入塾相談を受けているのは、ウチの良さを理解してくれる親御さんあってのことです。ですので、そういった親御さんの期待に応えるためにも、誰にでも八方美人的なサービスをするのではなく、限られた私のチカラを目の前のお子さんたちの「心」を成長させるために邁進したいと思います。

近日中に、船橋市・市川市・千葉市の小学生対象で、スーパー飛び級(スーパーキッズプロジェクト)秋の大体験学習会 受付開始 ≪11月から随時体験スタート≫のお知らせを「最新・更新」ページにアップする予定です。乞うご期待下さい。

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ