トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 48歳が採用面接にバックれ…親の世代がどんどん「子ども返り」してどうする…。

48歳が採用面接にバックれ…親の世代がどんどん「子ども返り」してどうする…。

////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
////////////////////////////////////////////////////////////////

なかなかブログ更新できていなくて、楽しみにされている読者の皆さんには申し訳ないです。何とか時間を見つけて更新できるよう頑張ります。

さて、本日はスタッフの採用面接があったのですが、予定の時間になっても本人現れず…。連絡してもつながらない…。48歳の方なんですけどね…。

以前もお子さんの高校受験を終えたばかりの45歳の主婦の方を採用面接するはずだったんですが、この方も定刻に来ない…。そして、電話もつながらず…。

ここ数年、大学生のスタッフ希望者が応募後にバックれるというのが残念ながら珍しくなくなってしまったわけですが、ついに、良い歳をした方でさえ連絡一本すらできないご時世に突入とは…。

一体、ご自身のお子さんをどうやって育ててこられたんでしょうね?謎です。

色々と考えさせられるご時世であり、そして、私が普段から申し上げている通り、結局は親が変わらなければいけない、子どもよりも大人が勉強すべきであるという持論に至ってしまうのが、皮肉なところかもしれませんね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ