トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 邪魔なものであれば携帯でさえもいらない

邪魔なものであれば携帯でさえもいらない

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

市原八幡工房のれいんです。

今回は、自分の意志で携帯の依存症から脱却できた塾生のお話を紹介します。

 

 

最初はその塾生は、家に帰っては携帯をいじる、休み時間が来ては携帯をいじる塾生でした。

 

そして休み時間が終わってもぎりぎりまで携帯をいじるようになりました。

 

さすがにその状況を続けてはおけません。

その塾生を含め、全員の携帯を授業の際にあずかることにしました。

 

それから、その塾生の携帯に関する見方が変わりました。

 

どの塾生もですが、多くの塾生は取り上げられるのに抵抗を感じます。

 

しかし、その塾生は自ら進んで持ってきてくれたのです。

 

 

理由を聞いてみると、家で携帯をいじりながら勉強をしていたらいつまでもいじってばっかりで時間が過ぎてしまったと言っていました。

 

そこから、携帯は家でも家族全員がいるリビングに置くようになったそうです。

 

 

自分で勉強しなければならないという勉強の重要性に気づくことが出来ました。

 

そしてそこに携帯は邪魔なものだと分かりました。

しかし、そのことは言われても気づきません。

 

自分で気づかなければ意味がないのです。

 

携帯の依存度と成績は関連性があります。

しかし、そのことに気づいている中学生は多くはありません。

 

自分で克服できたことは、今後彼女にとって大きな自身へとつながっていくと思います。

 

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ