トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 自信を持って挑んだ者が歓喜し、自意識過剰に酔った者がペチャンと潰れる現実。

自信を持って挑んだ者が歓喜し、自意識過剰に酔った者がペチャンと潰れる現実。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント
>「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら
※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

今回の前期期末テスト、大幅に点数アップを果たした子が多い反面、残念ながら暴落した子もちょこちょこいました。

この手の子に共通してるのは、プライドが高い割にはそれに見合った努力をしないで、さらに自分よりも成績が低い子を見下してるということでしょうか。

前回の前期中間テストで大幅に点数アップを果たしたため、油断からか、つけ上がってしまったのでしょうね。

基本的に強い子ほど、これでもかこれでもかと妥協せず、点数を上げるための飽くなき作業を続けます。従って、他人を見下してる余裕なんてありません。

弱い子ほど、一時的に成績が良くなっただけで自意識過剰になり(世間はそれを「自信を持つ」というのでしょうが)、自分が最強だオーラ全開になって他人を見下します。

そして、慢心によって点数が暴落したときには、跳ね返すどころかペチャンと潰れてくれます。

いつも言ってることですが、「自信を持つ」ことと「自意識過剰」は本当に紙一重、コインの表裏の関係です。

そしてそれを日頃からマインドセットしているにも関わらず、こうなってしまうのは、やはり食らってみなきゃ分からないということなのでしょう。

そこでペチャンと潰れているようでは、受験どころか、社会に出たときのちょっとの困難ですぐ挫折してニート化する弱い若者になってしまいます。

負けるのは、仕方ありません。誰にでもあることです。
そこから巻き返せるかどうかで、その子の真価が問われるのです。

大半の塾生が喜んでいる中で、少数の自意識過剰の子が小さくなってます。
それも仕方ありません。自業自得です。ぜひそこから学んでもらえればと思います。

稲毛スポーツセンター工房、プレオープンまであと1週間ちょっとです。
とにかく、それまでに整備終わらせなければ…(苦笑)

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ