トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 中学生の「勝ち組」と「負け組」の二極化が激しくなるばかり。

中学生の「勝ち組」と「負け組」の二極化が激しくなるばかり。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

11月に入ってからも、小学生の問い合わせが途切れることなく続いていて、塾長(私)の業務がパンクしてしまって面談を先送りにしてしまってる状況です。申し訳ないです。

 

 

スーパーキッズプロジェクトに関する親御さんの関心は高く、ウチもスーパーキッズを始めてそろそろ1年経つ頃になりますが、始めたときにガムシャラに突き進んでいた小学生たちが、どんどん飛び級していって学力的に自信を持ち始めている姿を見ていると、やっぱり導入してよかったかなと、すごく思っています。

 

 

ただ、スーパーキッズは手間隙が相当かかるため、ぶっちゃけ無制限に塾生を受け入れることは不可能です。質を低下させる気はないので、私たちが質を保った状態でサービスを提供できる人数できっちり募集を打ち切らせてもらいます。

 

 

定員が埋まったら、欠員が出るまでは募集は再開しません。

もちろん、その間にウチのスーパーキッズたちは一般的なお子さんの能力値をどんどん超えて飛び級していくわけですが…。

 

 

早い段階で、ウチに預けてもらった親御さんの作戦勝ちかもしれませんね。

親御さんからは、お子さんの成長速度の凄まじさをいつも聞かされて、私も安堵です。

 

 

ここ最近見ていて思うのは、中学生の二極化が激しい点です。

学力のみならず、やる気とか気力の差に相当な違いがあります。

 

 

これでは、本当に「勝ち組」とか「負け組」とか言われてしまうかもしれませんね。

学力以上に、生きる意欲の差は深刻です。

 

 

どんなに頑張っても、親から認めてもらえない、社会から認めてもらえない。

結果、スマホ、LINE、ゲームなどの身近な娯楽に溺れていく…。ある意味、納得です。

 

 

それだけ、子どもの意欲を減退させている親御さんが多い結果なんでしょうね。

親が死んだ後、子どもたちは頑張っても認めてもらえなくて自信を持てないまま無気力で社会の荒波を渡っていけるんでしょうか…?

 

 

結局、子どもに自信を植え付けさせる大人がもっともっと増えなければ、この国の生産性は低下していくことは免れないでしょう。

 

 

だからこそ、私たち大人や親が勉強するしかないんでしょうね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ