トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > 「親の収入が子どもの学歴を決める」のウソとホント。

「親の収入が子どもの学歴を決める」のウソとホント。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「親の年収が高い家庭ほど、子どもの成績が良い」といった、年収と学歴の関係は色々な調査で示されています。

 

 

しかし、それは親の年収の多い少ないという議論よりも「どれだけ子どもに色々な経験をさせられたか」が影響しているのではないかと、私は考えています。

 

 

金銭的に余裕があれば、子どもを音楽教室や体操教室とか、野球、サッカー、ピアノなど習い事全般に通わせることができます。

 

 

その体験の有無が好奇心の差となって、ひいては学歴までの差になってしまう。

そういうケースにつながることなど、珍しくありません。

 

 

ただ、本質は「好奇心の差」だと思います。

習い事以外で、子どもの好奇心を十分に伸ばせれば、親の収入など関係なくなります。

 

 

そういったことが分かっていれば、必要以上にお金をかけずに好奇心を育てる工夫の余地はいくらでもあるんだと思いますよ。

 

 

「ウチの子は、このくらいで十分よ」なんて考えがもしあるとするなら、それは大きな間違いだと思います。そんなみみっちい考えは、早く捨ててしまうのが子どものためです。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ