トップ > 塾長日記一覧 > 教育問題・社会問題 > バイバイ、スマホくん。また会う日まで。(再アップ)

バイバイ、スマホくん。また会う日まで。(再アップ)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

稲毛スポーツセンター工房の塾生全員が後期中間テスト(第3回テスト)で全

勝してから一息。

 

 

今度は、12月の進研Vもぎ(県立そっくりもぎ)で西船橋工房の中3生たちが大躍進を果たしてくれました!

 

 

偏差値も格段に上がり、志望校判定も、ひと月前までは泣き顔だったのが、ようやく笑顔に。

 

 

しかし、おもしろいことに、模試の良かった塾生ほど入試本番で痛い目に遭ってくれます。それは何故なのか?

 

 

模試の偏差値や志望校判定を見て安心しきってしまい、今度は油断や手抜きが始まります。その結果、本番で落ちなきゃ分からないという状況まで追い込まれます。

 

 

たまたま今年の中3生たちは、過去のそういった先輩方の例を間近で見てきたためか、気が緩んでいる塾生はほとんど見当たりません。良い傾向です。

 

 

その中でも、ウチの中3の成績トップを張る塾生が今回偏差値を爆増させて、D判定だったのを一気にA判定までひっくり返してくれました!

 

 

夏の段階では自分の実力を過信し過ぎてお山の大将化してしまい、他塾に武者修行に行かせたら、周囲のレベルの高さに卒倒してボコボコに潰されて帰ってきて、ペチャンと潰れてしまったものの、そこから立ち直って「自分はもっとできるはずだ、こんなとこで終わりたくない!」という気持ちで今日まで500%の力を振り絞って闘ってくれました。もちろん、まだまだ夢の途中です。

 

 

彼は、夏休みにスマホも自分から解約し、LINEも全部自分から消去するという荒業をやってのけました。ほとんどの子が誘惑や人間関係のしがらみで断ち切れない中で、彼は自分で誘惑を断ち切るという覚悟をして、真剣に闘いに挑むようになって、途中過程とはいえ、こうして大きな結果を出せるようになったことは、私からも最大限の賛辞を送っています。

 

 

「バイバイ、スマホくん。また会う日まで」

 

 

口で止めると言うのは簡単だけど、実際に行動に移すのは至難の技。

彼がウチの塾で中1から磨いてきた精神的強さに、神がちょっとだけご褒美をくれたのかもしれませんね。慢心することなく、このまま最後まで突き進んでほしい。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ