トップ > 塾長日記一覧 > 学習方法・学習計画 > 「やってもできない」⇒「やる気が出ない」⇒「成績が上がらない」の悪循環を断ち切るには?

「やってもできない」⇒「やる気が出ない」⇒「成績が上がらない」の悪循環を断ち切るには?

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AQURASから塾を探している親御さんに、スペシャルプレゼント

「学習塾業界が絶対に教えたがらない“不都合”だらけの禁書目録」を欲しい方はこちら

※PDFにて添付、冊子ご希望の方は当塾H.P問い合わせフォームより要メール

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

あなたにとって、勉強がよくできる子とは、どんな子どもを指すのか是非イメージしてみて下さい。

 

 

テストの点数がいい子?

常に成績が良い子?

集中力や記憶力が抜群に良い子?

 

 

どれも間違っているとは思いませんが、十分な答えではありません。

 

 

勉強がよくできる子というのは、「成績が上がらなくても結果を待てる子」です。

 

 

では、なぜ成績が上がらなくても結果を待てるのでしょうか?

それは「自分でご褒美を用意できるチカラ」を身につけていることで、やる気が持続するからです。

 

 

「頑張ったけど、できなかった…」そこでやる気を失うのではなく、「次は大丈夫、次はできるぞ」と自分を励まして、またチャレンジする。

 

 

「次」という「快」を期待できるから、結果を待てるんです。

これこそまさに「やる気回路」をフルスロットルにさせて、勉強にハマってる状態です。

 

 

そういう子は、自分で自分の学習計画を立てる「自主学習」のクセがついています。

 

 

目標を立てて意欲的に勉強に取り組む。間違いや失敗をしても、そこを通じて解決方法を見つけながら次のステップに到達していく。

 

 

自主学習によってこうしたサイクルが身につくと、脳が活性化を促して、結果的に学力アップにもつながるんです。

 

 

ぜひお子さんを腐らせることなく、勢いづけてあげて下さいね。

>西船橋・稲毛の個別指導で評判の学習塾はこちら 

 

 

【無料】お母さん、お父さんへ、スペシャルプレゼント

ページトップ