トップ > 塾長日記一覧 > AQURAS生の成長物語 > 上位生と下位生であまりに差がありすぎる能力値を見分ける方法。

上位生と下位生であまりに差がありすぎる能力値を見分ける方法。

塾生たちから面白い話を最近聞けました。

成績上位の子たちはみんな今も手を抜かずに日々頑張って勉強しているけど、成績がもともと良くない子たちのダメさ加減に一層の拍車がかかって、さらにひどくなって、堕ちるところまで堕ちまくっている!…という興味深い考察です。

残念ながら、思いっきり的をついてますね。
中下位層にほとんど当てはまっています。二極化の最大の要因です。

コロナで学校に行かなくなって、もともとダラけていた子が、本人も無自覚のうちに更なるダメさ加減まで進化して(堕ちて)もはや手のつけようのないところまで徹底的に堕ちてくれているみたいで、全国各地あちこちの塾でそういったお子さんが退塾していくというのを耳にします。

この手のケースは、塾を辞めさせるという決断を親御さんがすると、お子さん自身がものすごく喜んでしまい、ますます堕落したお子さんの思うツボにはまっていくのが興味深いですね。

管理・監督から逃亡に成功したお子さんがまっとうに育つことはもう無いでしょう。残念ですが。その一歩手前で、親御さんが踏み止まれるかにかかっているというか。

結局、親の達観力がすべてなんだろうなと、改めて感じさせられます。
そして、お子さんの思い通りに動いてしまったご家庭が、ますます家庭崩壊に突き進んでくのも想像に難くありません。因果な世の中ですね…その一言で世間は片づけて終了ですが。

先述した、村上に興味深い考察を提言してきた塾生、言うまでもないですが偏差値70近い子です。
相当な達観力を兼ね備えていると思いますが、上位生は物事の視点や視野が非常に広い、ワイドなんですよね。

かたや、下位層のお子さんにほとんど共通しているのは、面白いくらい欲望に忠実に行動しているというか、目先の損得だけに特化して行動している点ですね。長期的視点で物事を把握しようとせず、有事の際にだけ仕方なく解決のためだけに動く。その先の大きな利益が埋まっていることに気づくことなく、麻薬に犯された人みたいに(ちょっと大げさな表現ですが)目の前の快楽だけを求めづづける。

視野や視点が非常に狭い…これこそが上位生と下位生の決定的な能力値の差です。
点数だけでは測れない能力値ですよね。大企業の総合職がなぜ上位大学の学生で埋まるかの理由も、まさにこれです。

村上のマインドセットでは、このような内容も塾生たちにどんどん斬り込んで話をしています。
やはり、素直に吸収しているお子さんほど、伸びしろが変わってきますね。今後の変化も非常に楽しみです。

10月から塾生及び親御さんとの懇談が雨あられの如く連続しているため、正直余裕はありませんが、1年ぶりに小学生対象のイベント「スーパーキッズプロジェクト秋の大体験学習会」を開講します。小学生を2学年も3学年も先取りさせるための密度の濃い学習を行いますので、

「中学受験はしないけれど、高校受験でお子さんをトップクラスに放り込みたい」

とお考えのご家庭には最適の受講コースとなります。
現にスーパーキッズ上がりの塾生たちは、各中学校できっちり上位をGetしてきていますので、お薦めします!

近日中に「最新・更新」ページにアップ予定です。
早期に申込されたご家庭には、お得な割引特典もつける予定です。

なかなか入塾させてもらえないAQURASなどと最近は揶揄されておりますが(苦笑)、一般のご家庭にとっては数少ない塾生受け入れの機会となるため、入塾を検討されるご家庭にとっては数少ない機会です。ご検討下さい。

————————

船橋市・市川市・松戸市・浦安市・習志野市・八千代市・千葉市にお住いの小3~中3生をお持ちのご家庭へ

「いつでも会いに行けるアイドル」ではなく『いつでも通おうと思えば通える地元密着型オンライン塾』始めています。
受講を希望されるご家庭はこちらのバナーをクリック↓



このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ